NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 0:00~1:00
[基本]OK. [戦闘]OK. [取引]OK. [スキル]OK. 




 ─ ─ ─

  すべてが灰になる。

  それが、選び取った結末。

  数多の時を費やした、望みの果て。



 ─ ─ ─

2/0:00~1:00:作戦方針

 ─ ─ ─



『さて、ちょいっと戦闘も落ち着いたトコで、今後の方針を決めていくぜ、アリスちゃんよ』

ナレハテとやらとの戦闘を終えて一息、
吐く間もなくナビゲータシステムから同僚の声が入る。

アルカレプレ
アリスの旅のナビゲーター
『時計兎』の騎士
こしあん派

「方針は、不思議探しだろう?」

『大筋はな。でもアリスちゃんが"三月兎"を採ったんで、色々とそれ以外のトコが決まって来てる。
 お前さんもこの"ゲーム"の部外者面は完全にできなくなったコトだしな』

「……こいつを直さないといけないからな」

崩壊は免れたが、"三月兎"は未だ破損している。顕現させられないから、データキューブのまま保管してある状態だ。
アリスの前に、いくつかのパラメータが表示される。アルカレプレがポップアップさせてきているデータだ。
それらに目を通していく。

この戦争は、主に守備──侵略を受けている側が、『イバラシティ』勢力。
そして、侵略を仕掛けている側が『アンジニティ』と呼称される勢力となる。
アリスとしてはどちらの所属でも別段問題は無いが、アルカレプレによる振り分け選択はイバラシティ側になっているようだった。
理由は単に、数が多くて勝てそうだから。合理的だ。

 ワールドスワップ
『世界喰らいゲームのルールは勝ち星の取り合い。命の削り合いじゃねえから、随分平和的だ。
 ただ、単純にせーので東西総当たり戦とかってわけじゃあねえ。
 先ずは広大なマップを移動して、戦闘に必要なリソースを集めていく』

「……マップが広いな。あの運転手や眼鏡男は次の目的地については何か言ってたか?」

『いいや。自由に動けって事だろ。このハザマって場所全体がリソースなんだ、どこだっていいんだろ』

マップを広げる。どこかで見た気がする。
連なった複数の区画、全域を水に囲まれた島。
この地形、どこだったか──?

「……っ、頭痛が。何、だ、これ……!?」

『あー、はじまったか"ダウンロード"。1時間目だな。何か、そういうシステムらしいぜ。
 今から見えるのは、この1時間、あるいは、"イバラシティでの何日間"だそうだ。
 向こうに居る、街の住人の"司馬アリス"ちゃんのな』

「……う」

流れ込んでくる景観。意識
見た事の無い、見て来た景色
会った事の無い、会って来た人達
自らに非ざる、自らの存在

そのすべて、この1時間であり、この数日に起こった出来事、それらが頭の中に濁流の如く雪崩れ込んでくる。
──そうして、その濁流の全てを飲み込んだ時
──アリスは、叫んだ。

「何だよイチャイチャしないと出られない部屋って……!!」

『ぶはははははは!!!!!!』

… … … … … now loading





… … … … … load finished!

アリス
騎士アリス
不思議を求め、集めるもの
何だよイチャイチャしないと出られない部屋って!


「まあ、大体の事はわかったよ。"あの僕"は何だ、つまるところアンジニティみたいなもんだと」

『そういう事だな。イバラシティ側に味方するアンジニティもいるみたいだから、そういう扱いになったんだろうよ』

イバラシティに、初めから居たかのように振る舞う、侵略者達。
それらと同じような振る舞いを行う、アリス自身の分身──あちら側の"司馬アリス"は、つまりそういう存在だ。

「気持ち悪いな、僕の知らない間に、僕が動いてるって。なんか耳も無いし……」
 ワールドスワップ
『世界喰らいの間だけだとさ。気にするなよ。それより、面白いデータが落っこちて来た』

「面白いデータ…こいつは、"アインシュヴァイツァー"じゃないか?」

アルカレプレが提示したデータに表示されているのは、ダウンロードされた"司馬アリス"の記憶にある人物。
うさんくさいどてらの成人男性、"ポチ・アインシュヴァイツァー"のものだった。

『ご名答、イバラシティのあいつは、"三月兎"の失われたリソースを記憶してるみたいだぜ。つまり、世界喰らいの影響をキャンセル出来てる。こいつはどうやら"特異点"だな』

「あっち側の僕には、それが全くわからないってのが問題だよなあ……」

『"三月兎"自身は、それとなく本能で理解してるみたいだぜ。既に接触してるし、あたしが保険で付けといた"時計"も、180秒動いてる』

ふむ、とアリスは思考する。
三月兎は、こちら側では目下、崩壊を差し止めている段階だ。顕現させる事すら難しい。
しかし、先ほどダウンロードされた記憶によると、何故か、あちら側には──小型化した三月兎が顕現している。それがアインシュヴァイツァーと接触──していた。確かに。


「アインシュヴァイツァー……あちら側のあいつから、三月兎はリソースを引き出せるのか?
 あいつが三月兎のちらばったリソースを回収してる可能性もあるか?
 だから引き寄せられているってセンだ」

『無いだろうな。創り変わってるのはこの世界の方だぜ。だったらリソースは殆どそっちが持って行ってる。
 このハザマに散らばって、何事かに利用されてる可能性の方が濃厚だな。
 アインシュヴァイツァーは、あいつ自身のリソースとして"三月兎"の情報を持ってるってだけだ』

「それでも、錨にはなるって事か」

『誰かの記憶に残っているかどうか。正しく"名前"を認識されているかどうか。
 それはかなり重要ファクターだからな。ま、それは今はそういうもんだって認識しとけ。
 この錨をどう使うかは~…兎のよしみで、あたしが考えておくからよ。
 それよか、アリスちゃんが考えないとダメなのは今後の方針だ』

ふと、表示されていたデータが消えて、新たなデータがポップアップする。
3名分のパラメータ。彼女らの知識は、ダウンロードした数日間、それと"司馬"の記憶にもある。
当然、アルカレプレもそのデータを参照していた。

『"怪異狩り"組織の2人だな、あとはもう一人もくっついてきてるみたいだぜ。
 ひとまずはこいつらと合流して、東のチェックポイントってのを目指すのがいいんじゃねえかな。
 あっち側のアリスちゃんと繋がりがある分、やりやすいだろ?
 近い座標に居るし、全員イバラシティ陣営みたいだしな』

「……そうだな、他にアテになりそうな相手も、近くには居なさそうだ」

いくつかの人物データを、アリス自らも検索し……閉じる。
検索可能なデータには、その存在がどちらの陣営に属しているかもはっきりと記載されていた。
アンジニティ。…そうあって欲しくは無かった人達も、その表記があればそれは、そういう事だ。

自らと同様に、こちらとあちらでは違う。
イバラシティに馴染むように、そう造られたのが、あちら側の"かれら"。

(…………やりきれないな、だが)

これはただの感傷。
余計なことを知ってしまった。ただそれ故の一時の感情の揺れ。
頭を振って、そう割り切る。
それが騎士には、必要な事だ。

「行くか、我等が女王の御為に」

『応とも、我等が御国の未来の為にな』







以下の相手に送信しました

ENo.34
ぺちか
ENo.1237
五十嵐





司馬
「揃ったか……」

江華
「無事合流できましたね。これからよろしくお願いします。」

ItemNo.6 李徴の幼虫 を美味しくいただきました!
 体調が 1 回復!(25⇒26
 今回の全戦闘において 器用10 敏捷10 耐疫10 が発揮されます。
 今回の結果でのスキル熟練度が伸びやすくなった!















お嬢組
ENo.37
弥琴
ENo.152
司馬
ENo.780
江華
ENo.833
セツナ
ハザマに生きるもの
道端ガムマン
大黒猫A
大黒猫B
大黒猫C
















お嬢組
ENo.37
弥琴
ENo.152
司馬
ENo.780
江華
ENo.833
セツナ
嵐の歌を聞け
ENo.16
狐嵐華丸
ENo.156
グラフトバベル
ENo.262
バイタルエクス
ENo.495
ラピア







幻術LV5 DOWN。(LV10⇒5、+5CP、-5FP)

使役LV10 UP!(LV0⇒10、-10CP)
武器LV5 UP!(LV20⇒25、-5CP)

弥琴(37) の持つ ItemNo.4 不思議な牙 から射程2の武器『浄化の蒼炎』を作製しました!

ペシャ(1543) とカードを交換しました!

1 (ブレイク)


イレイザー を研究しました!(深度1⇒2
イレイザー を研究しました!(深度2⇒3
イレイザー を研究しましたが既に最大深度でした。

サステイン を習得!
ライフリンク を習得!
ホワイトカード を習得!
魅惑 を習得!
氷水避け を習得!

◇通常獲得:各CP・FPが5増加した!






弥琴(37)パンの耳 を入手!
司馬(152)吸い殻 を入手!
江華(780)吸い殻 を入手!
セツナ(833)美味しくない草 を入手!
司馬(152) を入手!
弥琴(37)ねばねば を入手!
司馬(152) を入手!
江華(780) を入手!






チナミ区 J-6(沼地)に移動!(体調26⇒25
チナミ区 K-6(沼地)に移動!(体調25⇒24
チナミ区 L-6(森林)に移動!(体調24⇒23
チナミ区 M-6(山岳)に移動!(体調23⇒22
チナミ区 N-6(山岳)に移動!(体調22⇒21







>> これまでのあらすじ


―― ハザマ時間が紡がれる。

 



「おっくれまして―――ッ!!」

ノウレット
ショートの金髪に橙色の瞳の少女。
ボクシンググローブを付け、カンガルー風の仮装をしている。やたらと動き、やたらと騒ぐ。


 


ノウレット
「はぁい!はじめましてーッ!!私はここCross+Roseの管・・・妖精!
 ノウレットでーっす!!皆さんよろしくおねがいしまぁーっす!!」


チャット空間に突如として現れたカンガルー姿の少女。

 


白南海
「・・・・・。管理用アバター・・・ですかね。」

ノウレット
「元気ないですねーッ!!死んでるんですかーッ!!!!」

白南海
「貴方よりは生物的かと思いますよ。
 ドライバーさんと同じく、ハザマの機能ってやつですか。」

ノウレット
「機能なんて言わないでください!妖精です!!妖精なんですッ!!」

ノウレット
「Cross+Roseのことで分からないことは何でも聞いてくださいねーっ!!」

白南海
「あぁ、どっちかというとアレですか。"お前を消す方法"・・・みたいな。」

ノウレット
「よくご存知でーっ!!そうです!多分それでーっす!!!!」


元気よく両手両足を伸ばし空間を飛びまわる!

 


ノウレット
「えーっとそれでですねーッ!!」


 


ノウレット
「・・・・・あれっ 創造主さまからメッセージが!」

白南海
「おや、なんでしょうね。」


 

 

・・・姿を現すことなく、女性のような声が伝わる。



「――お疲れ様です御二方。役目を担ってくれて、感謝しています。」

白南海
「担うも何も、強制ですけどね。報酬でも頂きたいくらいで。」


 



「そしてハザマに招かれた方々、申し訳ありません。」


「・・・・・・・・・」


 



「このワールドスワップという能力は、招かれた方々全員が――ザザッ・・・」


「――失われ、そう――ザザッ・・・――周期的に発動する、能力というより・・・」


「制御不能な・・・呪いのよう。今までに発動した数度、自分への利は・・・ない。」


 



「・・・・・・・・・」


ため息のような音が漏れる。

 



「どうか、自らが自らであ―― ザザッ・・・」

白南海
「・・・・・?」


 



「――ザザッ・・・・・・・・己の世界のために、争え。」


 

 

声はそこで終わる。

 


白南海
「何だか変なふうに終わりましたねぇ。」

ノウレット
「そうですかーっ!!?そうでもないですよーっ!!!?」


 


白南海
「どーも、嫌な予感が・・・ ・・・いや、十分嫌な状況ではありますがね。」

白南海
「・・・・・ま、とりあえずやれることやるだけっすね。」


 

チャットが閉じられる――












A.I.A
ENo.37
弥琴
ENo.152
司馬
ENo.780
江華
ENo.833
セツナ
ハザマに生きるもの
大ガラス
ハニワ
歩行小岩
オオザリガニ




115 655


1st
ハニワ






6th
大ガラス


7th
オオザリガニ


8th
歩行小岩

















A.I.A
ENo.37
弥琴
ENo.152
司馬
ENo.780
江華
ENo.833
セツナ
おうちに帰るまでが侵略です
ENo.168
――
ENo.402
ジャックドゥ
ENo.674
[B.F.M.]
ENo.710
まなちゃん




122 564















ENo.152
司馬アリス
【Main:Alice】
姓 :司馬(シマ)
名 :アリス
年齢:20歳 性別 : 男性
身長:152cm 体重:50kg
異能:『獣の国(イン・ザ・ワンダーランド)』 限定された一部の動物や物質を操作する能力。

私立和華恋学園のカフェテリアに勤める青年。
礼儀正しく丁寧。ホールでの給仕を主にこなすが、時折厨房も手伝っている。
童顔のため年相応に見られる事は少なく、時折性別すら間違われるのが悩みのタネ。
10歳の妹が居り、稀にカフェテリアの手伝いをしている姿を見る事もある。

・衣類からは珈琲とビスケットの香りがする(とある少女談)

【sub:Kizuki】
姓 :司馬(シマ)
名 :祈月(キヅキ)
年齢:10歳 性別 : 女性
身長:120cm 体重:---
異能:『兎神の両脚』脚部から黒焔を生み出す能力。

アリスの妹。お祈りとお散歩が趣味。

【sub:Sakurako】
姓 :晴々(ハレバレ)
名 :桜子(サクラコ)
年齢:16歳 性別:女性
身長:155cm 体重:---
異能:『電撃使役』電気属性のコントロールを可能する異能
所属:【京都晴仁会 七拾七位 "迅雷" 】

明るく奔放で楽観的な少女。喋り方が妙で良く訛る。
21 / 30
39 PS
チナミ区
N-6
行動順4【特攻】AT・DX↑
4500
325







Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材の場合は詳細等)
1不思議な武器武器10【射程1】
2不思議な防具防具10
3不思議な装飾装飾10
4異界の加護防具30活力10
5針剣武器30回復10【射程1】
6吸い殻素材10[武器]炎上10(LV25)[防具]火纏10(LV25)[装飾]耐火10(LV20)
7不思議な食材食材10[効果1]器用10(LV5)[効果2]敏捷10(LV10)[効果3]耐疫10(LV15)
8素材10[武器]束縛10(LV25)[防具]命脈10(LV25)[装飾]回復10(LV10)
9素材10[武器]束縛10(LV25)[防具]命脈10(LV25)[装飾]回復10(LV10)
[出現付加の効果一覧] 最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
命術10生命/復元/水
幻術5夢幻/精神/光
使役10エイド/援護
武器25武器作製に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
ブレイク5050敵:攻撃
ピンポイント5050敵:痛撃
クイック5050敵:3連撃
ブラスト5050敵全:攻撃
ヒール5050味傷:HP増
ドレイン5050敵:攻撃&味傷:HP増
ペネトレイト5050敵貫:痛撃
スイープ5050敵列:攻撃
ウォーターフォール5050敵:水撃
ライトニング5050敵:精確光撃
サステイン5050敵:攻撃&味傷:守護
ブレス50100味全:HP増+祝福
ライフリンク5050自従傷:HP増+HP譲渡
ホワイトカード5040味傷:変調防御
決2アクアヒール5070味傷:HP増+炎上を守護化
ディム5050敵:SP光撃
ラディウス50150敵全:光撃+自:HP増&祝福消費で次与ダメ増

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
猛攻550【戦闘開始時】自:AT・DX増
堅守550【戦闘開始時】自:DF・AG増
攻勢550【戦闘開始時】自:AT増+DF減
守勢550【戦闘開始時】自:DF増+AT減
献身550【戦闘開始時】自:HL増+LK減
太陽550【戦闘開始時】自:MHP・HATE増
隠者550【戦闘開始時】自:MSP増+HATE減
魅惑550【戦闘開始時】自:使役LVが高いほど戦闘勝利時に敵をエイドにできる確率増
氷水避け520【戦闘開始時】自:水耐性・凍結耐性増+凍結によるHP・SP減少量減
最大EP[20]




被研究カード名/スキルEPSP説明
血杯
(ヒール)
050味傷:HP増
1
(ブレイク)
050敵:攻撃





[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 1 ]チャージ[ 1 ]デストロイ[ 3 ]イレイザー



PL / とら八ツ橋