NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 10:00~11:00
[基本]OK. [戦闘]OK. [戦闘:エイド1]OK. [取引]OK. [スキル]OK. 




「おい。」

ハザマの人からイバラの人の情報を聞き出している時、後ろから声を掛けられる。
後ろを振り返ると炎を操って戦っていた人だった。

俺が呼び出した黒妖犬との相性は悪かった。
同じ炎同士だと攻撃が通りにくい。
しらきりさんが目に止まらない連撃で倒していたっけ。
俺もこんな熱そうな人は苦手、かも知れない。

「なに?」
「イバラの、防衛っつったか?
 俺達に聞いてどうする?」
「決まってるでしょ。戦うんだ。
 その為には情報がいる。
 こっちに向かってきているのがどういう人か、大体分かれば対策できる。」
「へぇ。助けを呼んで操るくらいしか、脳が無い坊っちゃんにしては考えてるじゃねぇか。」

軽口を叩く。傷も癒えていないのに強がるのは見た目通りだ。
少しムッときたけど続ける。

「自分の出来ること、出来ない事はわきまえている、つもり。
 失敗することが分かっているのならば、それを避けて通るという選択が出てくる。
 逆に分かっていなければ、失敗することに向かって突っ込んでしまう。
 失敗する数を多く知って、選べるようにする為に必要なんだ。

 …例えば、お兄さんのような炎使いばかりだったら、あの黒い犬さんは呼ばなかった。」

「なるほどな?なに、俺も情報ってのを甘く見てる訳じゃねぇ。
 俺達みたいのは戦ってるなかで選択に気付くものだ。

 強者が弱者を侮り、弱者が強者を退けられるようになる。
 油断が全てを覆し、主観が客観を裏切る。
 …ま、後は失敗するだろう事を見極めていければいいだろう。」
「う、うん。そうだね。」

驚いた表情をしてしまう。
意外と頭脳派ってやつなのかも知れない。

「…なんだその表情は。
 あ、ついでに言っとくと、俺はイバラだの侵略だのやつは知らねーからな。
 どっちも俺達にとっては敵だ。敵のうちの―っていちいち見分けるかふつー。」
「味方の戦い方は大体知ってる。
 同じ道を進む味方は大分変わったから、また改めて整理しないとだけど。
 それ以外の戦い方をする人達の話を聞ければ良い。
 俺がそれは切り分けるから、お兄さんはお兄さんが言う敵の話をただすればいい。」
「戦った相手の事、よく覚えてねーからな。
 強いて言うなら変な技を使うやつなら見てる。
 猛毒にしたり、盲目にしたりするおっかないやつなら見たぜ?
 目立つ特徴としては仮面被ってたな。」

それは同じ陣営の人の話だろう。
…仮面を被った人の話はずっと聞いている。目立つ特徴をしているからだろう。
だけど、違う陣営にもいる可能性はあるから、対策も考えておかないとだ。
ベースキャンプで毒牙を少し手に入れる事が出来たのは良かった。
あとは…どんな選択が出るか考えておかないといけない。

「…うん、ありがと。それじゃ。」
「まぁ、待てよ。」
「何?」

踵を返して立ち去ろうとしたところを呼び止められる。
そうするとお兄さんは両手をクロスさせ、親指で自分を指差した。

「お前さん、見たところあの犬呼ぶのに大体時間がかかるだろ。
 俺ならすぐ駆けつけ戦えるようになるぜ!」

時間がかかっちゃうのは大体当たっている。
あの呼び出しは大分集中していないといけない。
声は震えてちゃいけない。小さくてもいけない。

「…また選択が増えるようになるね。
 でも、なんで?」
面白そうだからだ!
「じゃぁね。」
お、おい!待てよ!

俺は今ムスッとしている。
ハザマでいる時間が面白そう?

「なに。」
「なに。じゃねーよ。最後まで聞けよ!
 あー、まぁ語弊があったかもしんねーけどな。
 お前さん達、これから温泉、それから更に南へ行くんだろう。
 俺も一緒に連れて行け。見返りに一緒に戦ってやるって話だ。」
「いいよ。」
「そのいいよは肯定のいいよだな?
 よしきた、あの犬に負けないくらいの働きは見せてやるぜ?」

気合い充分だ。
小さくため息を零しながら、一緒に連れて行くくらいならいいかとなった。

「お父さん達に迷惑を掛けちゃダメだからな。
 えぇと……名前はなんていう?」
「炎使いだ。」
「それは名前とは違う。
 俺は人、だけど名前が別にあるのと同じだ。」
「…俺達はハザマでしか記憶が無い。
 名前なんてあると思うか?」

困った。名前がないのは色々と困る。
一緒に戦ってくれる炎使いと、他にもいる炎使いは俺達にとって違う。
分けるためにも名前が欲しい。

あとは俺の異能の問題だ。
人間には通じないとばかり思っていたけど、
同行を申し出るというのはハザマで強化された俺の異能の為かもしれない。
そしたら、俺は無意識に仲間になってほしいと願った事になるけど…深く考えるのはよしておこう。

とにかく異能が通じるのであれば、名前があったほうが強化される。
誰に向けて言ったか分からないような異能は、効き目がほとんど無くなってしまう。

「炎使いさんだと素っ気ないから、俺がつけてもいい?」
「変な名前じゃなきゃなんでもいーぜ?」
「えと…なら、『ぎょおん』。」
「んだ、その名前は!!」

「ちゃんと意味はあるんだ。今って夏祭りの季節でしょ。
 昔、イバラギシティの古くの言葉で夏祭りの事を『ぎょおん』って呼んでたらしい。
 ……今年はお父さん達と夏祭り、行きたいな……。」

来年も夏はあるのかとふと思う。
こっちの時間の気持ちがイバラシティにも伝わればいいのにとも思った。
話が脱線していることに気づき、慌てて戻す。

「と、ごめん。この名前、ダメ?」
「駄目ってわけじゃねーけど…ま、それでいいぜ。」
「俺は仁井 蛍だ。宜しく。」

握手を交わした。







ENo.284 フェル とのやりとり

魔法に関して、こくこくと頷いた
そういう魔法を、きっと見たことがあるのだろう

……ただ、続けてのあなたの言葉に
ぷいぎゅっ!!!と、ぶたさんが強く鳴いた

――イバラシティの人達がアンジニティ送りになることを、このぶたさんは望んでいない
それは、絶対に止めるべき事、と考えているようだ


『ぶたさん、知ってるよ
 侵略して、人の物を奪って手に入れた幸せは、長く続かないんだよ
 「嫉妬」の蛇にそそのかされて、妬ましさから「強欲」のハリネズミのように奪いつくしたとしても、奪われた人達の「憤怒」の狼の炎が、いつか必ず奪った人たちを焼き尽くすんだ

 きっと、侵略を成功させることは、イバラシティの人達にとっても、アンジニティの人達にとっても、あんまりよくない結果になる



 それに





 そもそも、ワールドスワップは誰によって行われているの?
 アンジニティの人達だって、ワールドスワップの正しい効果を正しく理解しているかどうか、わからない

 本当に
 ハザマで戦って、殺しあって
 アンジニティはイバラシティを手に入れられるの?』


ENo.336 エネ&ギイ とのやりとり

エネ
「長い、よね‥‥。

一緒に居る人‥‥ケイくん知ってるかな?
創藍の中等部の、天遣おねーさんに、鷺内おねーさん‥‥
あと、もう二人も、中等部のおねーさん、みたい?
それと、高等部のアーテル、おにーさん。
それから、甘い香りがするおねーさんと、
えーと‥‥頼もしー感じの、おじさん‥‥。

イバラシティで知ってる人もいるし、知らない人も、いるよ。

お友達も一緒だから‥‥ここ来ても、少し、安心してたの。」

ギイ
「エエ。モチロン、簡単デハナイデショウ‥‥。
過酷ナ環境、無イニ等シイ秩序、ソレゾレガ生キルノデ精一杯ニナルノデショウ。
‥‥ケレド、ヤハリ適応ハ不可能デハナイト考エマス。
現ニ、アレホドノ数ノ否定ノ世界ノ住民ガ存在スルノデスヨ。
ソレラヲ養ウダケノ食料ヤ、ソレニカワル手段ナドガアルノデショウ。

協力デキルカ、荒ンデ奪イ合ウカ‥‥ソレハ、各々次第ニナリマスネ。
全員ガ協力デキルナドトハ思ッテイマセンヨ。抑止力ガアレバ良イノデスガ。

シカシ少ナクナイ数ノ否定ノ民ガ外ニ出テ、仲間意識ヲ持チ良識ノアル響奏ノ民ガ大勢デヤッテクルノデス。状況トシテハ、ソコマデ悪クナイト思イマスヨ。」

ギイ
「戦ワセルコトガ、コノ件ノ黒幕ノ思惑ナンデショウ。
アノタクシードライバーモ怪シカッタデスカラネ。
シカシ、虚言トモ思エマセンシ、アノ話ハソウイウモノダト認識シタ方ガ良イデショウ。今ハ戦イ続ケルシカ、アリマセン。

シアワセ、デスカ。似タコトヲ他ノ方ニモ聞カレマシタネ。
勝利スル事デ幸セヲ感ジルコトガデキルカハ、ワカリマセン。
僕ハタダ、望マナイ未来ヲ避ケルタメニ行動シテイルノデスヨ。
ソノ先デ幸セヲ感ジルカハ‥‥ソノ時マデ、ワカラナイノデショウネ。」

ギイ
「家族ト、良キ隣人ノタメニ戦ッテイルトイウワケデスカ。
思イ出ヲ失イタクナイ、トイウワケデスネ。
‥‥他ニモアリソウデスガ、マアイイデショウ。

イバラシティニ紛レ込ムアンジニティハ元の性質ト異ナル事ガ多イヨウデスガ‥‥
全テガソウトモ限ラナイヨウデスシ、中ニハ、別ノ悪意ニヨッテアンジニティニ送ラレル‥‥。トイウコトモアルヨウデスカラネ。貴方ノ家族ハソノパターンデスカネ。
マァ、ソレニツイテハ僕ガ気ニカケル事デモアリマセンカ。

理由ハドウアレ、味方デアレバイイノデスヨ。」

ギイ
「侵略後ハ僕等ハ報復対象ニナル可能性ガ高イデショウカラネ。
身ヲ隠スノハ賢明ナ判断デス。素性ガ知ラレテイルナラ尚更ニ。

僕等モ、似タヨウナ事ニナルデショウネ。
周辺環境ニモヨリマスガ、身ヲ隠セル場所に潜ンデ
開拓シテイクノモ良サソウダト考エテイマスヨ。」


ENo.1071 ダンタリオン とのやりとり

ダンタリオン
「…あなたも同じ、なのね。
 大切なものが存在しない、喪失感。
 心に押し寄せる、虚無感に苛まされて、今ここにいる。」

「それはきっと、夢じゃない。

 確かな事は、わからないけれど…。
 あなたの心に強く残り、あなたの行動を変えたのなら、
 それはもう、ただの夢ではなく…あなたの一部。」

ダンタリオン
「………。」

少女は考え込むように目を閉じて、
じっとあなたの言葉を、決意を聞いていた。

ダンタリオン
  羨ましい、なんて、初めて聞いた…。」

彼女の声に、僅かな驚きが混じった…ような。
それは微かなもので、ただの錯覚かもしれないが。

「私にとって、他のダンタリオンはただ煩いだけ…だけど。
 ……そう、羨ましいんだ…。」

喜ぶわけでもなく、照れるわけでもなく、ただ淡々と。
どこか不思議そうにその言葉を繰り返した。

ダンタリオン
「私も、探したわ…。
 色んな世界で、色んな人を見てきた…。
 でも、見つからなかった。

 …あなたなら、お父さんを失った時、かわりの何かを見つけ出せる?
 それは、イバラシティにあると思う…?」

俯いて首を振る。

「私には…やっぱり、分からない…。」

やがて少女は立ち上がった。
日に背を向けて、あなたを見下ろすように目の前に立つ。
逆光に隠れたその顔に、紅い目だけが爛々と輝いている  

ダンタリオン
「私はダンタリオン…。
 人に知識を与え、時に導き、時に破滅させる悪魔。

 だから、あなたにこう尋ねるわ。」

一拍の間を置いて、こう告げた。

お父さんと離れ離れにならない手段があるとすれば、どうする?


ENo.1182 しらきり とのやりとり

摘ままれた裾の重みに思わず口元が緩む。
主の存在を実感しながら、問われた言葉を反芻し眉根を寄せてなんともいえないような呻りが喉から響いてくる


白霧
「気持ちが晴れる…か…。奴を確実に仕留められるかどうかわからん故に、結果の後…というのは考えたことがなかった。」


「……仇敵を討取る…己の目的を達成すれば、少なくともその瞬間はそれはもう清々するじゃろうな。奴だけは必ず… じゃが、改めて問われると……ふふ……さてどうじゃろうなぁ…。」

仮の結果を想像しての答え。目的を達成したという事に対して、その面持ちは言葉とは対象に、困惑の色を残していた

白霧
「ほっほほ。真に捉えおってからに、愛いやつじゃの~。」

からからと笑い、年寄のフリをした一振り

「神とついてはおるが、大層な物ではないさ。ありのままでよい。
時雨も…昔の主もそのような奴じゃった…刀の扱いこそわかってはおったが、何も特別扱いなどされてはおらん。家族と言いながら迎え入れて、同然の様に過ごした。
私もそれで充分じゃ。…存在を想うものが居る…それだけでよいのさ。神なんてものはな。」

じゃから、私の事を忘れんで置いてくれ と虚空に向けて言葉を飛ばした

肩を叩かれるたびに言に『゛』がついた気持ちの良さそうな声を漏らす

白霧
「やつはこんな献身的な子をもっては羨ましいが過ぎるぞ。…時にケイは赤龍…グラウの事はどう思っておる?あの成りでも、おぬしらは家族であるのだと私は思うが…
…いやなに、訝しんでいるわけではない。なんというかな…純粋なおぬしの思いのたけを知りたくなったのじゃ。」


以下の相手に送信しました

ENo.17
サクマ
ENo.184
グラウティア
ENo.233
阿闍砂 陽炎
ENo.436
B.A.D-0
ENo.984
ユーキ
ENo.1197
アス
ENo.1231
ヨツジ





ケイ
「アスさん、アスさん。」
とてとてと近くまで駆け寄る。
灰色の竜を暫く見て安心したように顔をほころばせた。
ケイ
「良かった、無事合流出来た。
 怪我とかしてない?…って俺よりずっと強いアスさんに聞くのも変な話だな。
 だけどあのダチョウさん、強くって。あと、アスさんがいなくて寂しかった。」
ケイ
「もう少しで通信で言ってた温泉とか、ゲームセンターがあるとこだ。
 あのロストさんは何を願っているんだろう。」

「無事合流できたようだな……進むためとはいえ、心臓に良くない」
「否定はしないな。何分と久しぶりに仲間を作ったから、失う恐怖を思い出しているところだ」
「そういうしらきりこそ、担い手の下を離れて大丈夫なのか?お?」

白霧
「……お、おかえり。」

アス
「やれやれ。こうやって縁を得て、一緒に歩きはじめてしまえば、『偶には』でも歩調の違う連中と改めて歩いてみる、というのも存外大変になってしまうな‥」

グラウティア(184)ItemNo.25 牙柄の首飾 を手渡ししました。

しらきり(1182) から 破阿怒武麗華 を手渡しされました。
白霧
「ちと重いぞ。雄の子なら大丈夫じゃと思うがの。」

ItemNo.28 エナジー棒 を食べました!
ケイ
「一応食べておこう。」
 体調が 1 回復!(25⇒26
 今回の全戦闘において 活力10 防御10 が発揮されます。
 今回の結果でのスキル熟練度が伸びやすくなった!















蛇之目古書店住民組合
ENo.157
ケイ
ENo.184
グラウティア
ENo.1182
しらきり
ENo.1197
アス
ハザマに生きるもの
氷使いA
フェアリー
岩投げ師
氷使いB
















蛇之目古書店住民組合
ENo.157
ケイ
ENo.184
グラウティア
ENo.1182
しらきり
ENo.1197
アス
黒炎
ENo.213
からす
ENo.879
フューリー
ENo.989
ソンブラ
ENo.1269
シャード
















対戦相手未発見のため不戦勝!

影響力が 17 増加!







韮マン をエイドとして招き入れました!

グラウティア(184)ItemNo.1 猫目石 を送付しました。
グラウティア(184)ItemNo.4 駄物 を送付しました。
しらきり(1182)ItemNo.14 和蘭撫子色のパーカー を送付しました。
アス(1197)ItemNo.2 剛毛 を送付しました。
アス(1197)ItemNo.7 萌葱の御守 を送付しました。

クーマー(1095) から ねばねば を受け取りました。

時空LV5 DOWN。(LV5⇒0、+5CP、-5FP)
解析LV5 DOWN。(LV5⇒0、+5CP、-5FP)
付加LV6 DOWN。(LV30⇒24、+6CP、-6FP)

制約LV5 UP!(LV20⇒25、-5CP)
具現LV5 UP!(LV20⇒25、-5CP)
使役LV5 UP!(LV20⇒25、-5CP)
合成LV11 UP!(LV40⇒51、-11CP)

アス(1197) により ItemNo.30 お魚 から料理『おさかなの奉書焼き』をつくってもらいました!
 ⇒ 美酒佳肴!4 1 6 = 11成功!料理の付加効果のLVが増加!
 ⇒ 技巧料理!1 5 5 = 11成功!料理の強さが増加!
 ⇒ おさかなの奉書焼き/料理:強さ136/[効果1]活力13 [効果2]敏捷13 [効果3]強靭13
アス
「たけのこがあるなら、そりゃ竹はあるよな。こういうのはどうだ?」

クーマー(1095) の持つ ItemNo.2 ワーカホリック・エナジーItemNo.22 鉄くず を付加しました!
しらきり(1182) の持つ ItemNo.15 毒龍の牙飾ItemNo.18 爪 を付加しました!
アス(1197) の持つ ItemNo.23 残穢欠石ItemNo.14 毛 を付加しました!

真柄(94) とカードを交換しました!

揺籃 (ブレイドフォーム)


チェインリアクト を研究しました!(深度0⇒1
チェインリアクト を研究しました!(深度1⇒2
ダウンフォール を研究しました!(深度0⇒1

マイントラップ を習得!
クリエイト:モンスター を習得!
サークルバリア を習得!
サモン:ヴァンパイア を習得!
為虎添翼 を習得!
アルゼナール を習得!

◇通常獲得:各CP・FPが5増加した!






ケイ(157)タイヤ片 を入手!
グラウティア(184)車前草 を入手!
しらきり(1182)ペットボトル を入手!
アス(1197)ペットボトル を入手!
ケイ(157)蒼小石 を入手!
しらきり(1182) を入手!
ケイ(157)橙小石 を入手!
しらきり(1182)ビーフ を入手!
アス(1197)蒼小石 を入手!

▼エイド化候補基本行動にてエイド化可能)
ケイ(157) のもとに 氷使い が恥ずかしそうに近づいてきます。
ケイ(157) のもとに フェアリー がスキップしながら近づいてきます。






カミセイ区 E-16(道路)に移動!(体調26⇒25
カミセイ区 E-17(道路)に移動!(体調25⇒24
カミセイ区 E-18(道路)に移動!(体調24⇒23
カミセイ区 D-18(山岳)に移動!(体調23⇒22
カミセイ区 C-18(山岳)に移動!(体調22⇒21

MISSION!!
カミセイ区 B-19:ゆ~ぱらだいす が発生!
   - ケイ(157) が経由した カミセイ区 B-19:ゆ~ぱらだいす
   - グラウティア(184) が経由した カミセイ区 B-19:ゆ~ぱらだいす
   - しらきり(1182) が経由した カミセイ区 B-19:ゆ~ぱらだいす
   - アス(1197) が経由した カミセイ区 B-19:ゆ~ぱらだいす







>> これまでのあらすじ


[843 / 1000] ―― 《瓦礫の山》溢れる生命
[396 / 1000] ―― 《廃ビル》研がれる牙
[440 / 500] ―― 《森の学舎》より獰猛な戦型
[138 / 500] ―― 《白い岬》より精確な戦型
[272 / 500] ―― 《大通り》より堅固な戦型
[125 / 500] ―― 《商店街》より安定な戦型
[125 / 500] ―― 《鰻屋》より俊敏な戦型
[24 / 500] ―― 《古寺》戦型不利の緩和



―― Cross+Roseに映し出される。

 

 

 

フレディオ
碧眼、ロマンスグレーの短髪。
彫りが深く、男前な老翁。
黒のライダースジャケットを身に着けている。

ミヨチン
茶色の瞳、桜色のロング巻き髪。
ハイパーサイキックパワーJK。
着崩し制服コーデ。

エディアン
プラチナブロンドヘアに紫の瞳。
緑のタートルネックにジーンズ。眼鏡をかけている。
長い髪は適当なところで雑に結んである。

白南海
黒い短髪に切れ長の目、青い瞳。
白スーツに黒Yシャツを襟を立てて着ている。
青色レンズの色付き眼鏡をしている。


 


フレディオ
「いよぉ!なるほどこう入んのか、ようやく使えそうだぜ。」

ミヨチン
「にゃー!遊びに来たっすよぉ!!」


 


エディアン
「にゃー!いらっしゃいませー!!」

白南海
「毎度毎度うっせぇなぁ・・・いやこれ俺絶対この役向いてねぇわ。」


ロストのふたりがチャットに入り込んできた。

 

 

 


ミヨチン
「・・・・・?おっさん誰?」

フレディオ
「フレディオにゃー。ピッチピチ小娘も大好きにゃん!」


 


ミヨチン
「・・・・・」

エディアン
「・・・・・」


 


フレディオ
「・・・いやジョークだろジョーク、そんな反応すんなっつーの。」

ミヨチン
「大好きなのは嬉しーけど、そのナリでにゃんは痛いっすよぉ!
 なんすかそれ口癖っすかぁ??まじウケるんですけど。」

フレディオ
「え、あぁそっち?・・・ジョークだジョーク。」

エディアン
「私はそっちじゃないほうですね。顔がいいだけに残念です。」


軽蔑の眼差しを向けるエディアン。

 


白南海
「・・・別にいいだろーよ。若い女が好きな男なんてむしろ普通だ普通。」

フレディオ
「おうおうそうだそうだ!話の分かる兄ちゃんがいて助かるわッ」

フレディオ
「・・・っつーわけで、みんなで初めましてのハグしようや!!!!」

ミヨチン
「ハグハグー!!」

エディアン
「ダメダメやめなさいミヨちゃん、確実にろくでもないおっさんですよあれ。」


ミヨチンを制止する。


フレディオ
「・・・ハグしたがってる者を止める権利がお前にはあるのか?」

エディアン
「真面目な顔して何言ってんですかフレディオさ・・・・・フレディオ。おい。」


 


白南海
「お堅いねぇ。ハグぐらいしてやりゃえぇでしょうに。」

フレディオ
「そうだそうだ!枯れたおっさんのちょっとした願望・・・・・」

フレディオ
「・・・・・願望!?そうかその手が!!!!」

エディアン
ゼッッッッタイにやめてください。


フレディオの胸倉をつかみ強く睨みつける!

 

 

 


白南海
「そういえば聞きたかったんすけど、あんたらロストって一体どういう存在――」


 

 

   ――ザザッ

 

 

 

 

チャットが閉じられる――












蛇之目古書店住民組合
ENo.157
ケイ
ENo.184
グラウティア
ENo.1182
しらきり
ENo.1197
アス
ハザマに生きるもの
キムナイヌ
山天狗
レッサードラゴン
キムナイヌ




231 424



2nd
レッサードラゴン


3rd
山天狗




6th
キムナイヌ


7th
キムナイヌ


















蛇之目古書店住民組合
ENo.157
ケイ
ENo.184
グラウティア
ENo.1182
しらきり
ENo.1197
アス
黄昏の星々・紅
ENo.658
天弖
ENo.1104
刀崎 依良
ENo.1137
モモノメ
ENo.1585
ユウ




411 116

















カミセイ区 B-19 周辺

ゆ~ぱらだいす



ゆ~ぱらだいす内。

様々な種類の温泉が用意されていた施設。

 

ほとんどの温泉が涸れているなか、施設の左端は無事のようだ。

 

 

 

お土産コーナー、カラオケルーム・・・・・

温泉は女湯の区域が原形を保っている。

 

 

 

奥へと進むと、湯煙・・・・・温泉が普通に湧いている。

 

 

 



「・・・・・・ウキ?」


 

狒々
大きめな猿。
温泉を楽しんでいる。


大きな猿たちが温泉でくつろいでいる。

 


狒々
・・・・・キイィィィィッ!!!!!!


邪魔をするなと言わんばかりに、こちらへと飛び掛かってくるッ!!




(初発生のイベント戦:異能FP+5!生産FP+5!)














蛇之目古書店住民組合
ENo.157
ケイ
ENo.184
グラウティア
ENo.1182
しらきり
ENo.1197
アス
立ちはだかるもの
狒々
狒々
狒々
狒々
狒々
狒々
狒々
狒々




111 454





4th
狒々


5th
狒々


6th
狒々


7th
狒々


8th
狒々


9th
狒々


10th
狒々


11th
狒々


12th
アス







ENo.157
仁井 蛍
名前:仁井 蛍(にい けい)
性別:男
年齢:小学6年生(11才)
誕生日:7/21

家族構成:2人。父(E.no184)、自分。
身長:141cm 体重:37kg

臆病で恥ずかしがり屋。
人と話すのが苦手で目を合わせる事がなかなか出来ず、言葉がどもり、片言のようになる。
深呼吸をしたり、フードを深く被ることで言葉はマシになり、勇敢になる。ハザマでは常にフードを被ってる。

イバラ創藍高校初等部6年1組、飼育係。
休み時間や放課後は大体飼育小屋、教室の水槽の世話をしている。

異能:《異形のミカタ》
1.動物への願いや指示が伝わりやすい。
【ハザマでは】より強力・広対象・複雑に操る事ができる。

2.本来人間ではない人を無意識に感じとれる。
該当する場合は苦手意識が薄れた状態、片言のようにならずに話すことができるが、本人はなんとなく話しやすいとしか思っていない。
【ハザマでは】感覚・直感的に判別可能。

成績:
図工が得意で他は平均。
テストは親を喜ばせる為に良い点数を出すが、教師にあまり懐かない事に加え、オドオドしている授業態度や、宿題をテスト前に纏めてしかやらない事から減点されている。
性格上、音読させられる国語は苦手。








出身はイバラシティの人間。
母親は交通事故で死に、父親は成り代わられている。
父の成り代わりは気付████████████。

大切な人がアンジニティの人なら、迷わず味方する。
イバラシティ陣営が勝った後、父親がいなくなる、なった後の悪夢を見て、父親の味方になる事を決めている。

誰かに必要とされていたい欲求が強い為、単調になりがちな動物の世話も苦にせずこなす事ができ、微妙な変化にも気づきやすい。

アイコン10ー19
田村部 尊様(E.no406)作成
十con使用中です
21 / 30
277 PS
カミセイ区
C-18
行動順2【疾駆】AG↑
17508
575







イバラ創藍高校【アンジニティ】
4
イバラ出身アンジ陣営の集い
イバラ創藍高校
3
ワールドスワップ対策作戦会議(仮
8
下馬評酒場「うらぶれ」
7





No.1 ぎょおん (種族:炎使い)
要求SP72キズナ2
MHP8756MSP360
▽効果 射程2
火撃20 麻痺20 反火20 火纏20 舞炎20 獄炎20
名前が無いのを嫌がった蛍によって付けられた。
情熱且つ熱血的な性格で極端なところもある為、蛍はよく苦笑いやスルーをしている。
今日もめげずに熱い闘志を燃やし続ける。
被研究スキル名LVEPSP説明
レッドゾーン50120敵:火撃&火耐性減
デストロイ50100敵:守護減+火痛撃
レッドショック5080敵:3連鎖火撃
決3イグニス50120敵傷3:火領撃
マスフレイム50230敵:火撃&炎上+敵全:精確光撃&盲目+自:炎上・盲目
クリムゾンスカイ50200敵全:火撃&炎上
決3火の祝福550【戦闘開始時】自:魔術LVが高いほど火特性・耐性増
炎上耐性530【戦闘開始時】自:炎上耐性増
火炎避け520【戦闘開始時】自:火耐性・炎上耐性増+他者から炎上を移される確率減
凍結耐性530【戦闘開始時】自:凍結耐性増
攻勢550【戦闘開始時】自:AT増+DF減
最大EP[20]
No.2 韮マン (種族:韮マン)
要求SP75キズナ1
MHP8256MSP336
▽効果 射程1
地纏15 守護15 耐水15 耐光15 強靭15 回復15
被研究スキル名LVEPSP説明
ハーバルメディスン50100味傷3:HP増+DF増(1T)
ヒールハーブ5050味傷:HP増+自:領域値[地]3以上ならヒールハーブの残り発動回数増
ヴェノムスパウト50150敵5:猛毒
神威530【被HP回復後】自:祝福
肉体変調特性540【戦闘開始時】自:肉体変調特性増
瘴気530【戦闘離脱前】敵6:猛毒・麻痺・衰弱
太陽550【戦闘開始時】自:MHP・HATE増
堅守550【戦闘開始時】自:DF・AG増
最大EP[20]




Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材の場合は詳細等)
1ねばねば素材10[武器]衰弱10(LV25)[防具]強靭10(LV20)[装飾]耐狂10(LV20)
2タイヤ片素材20[武器]増幅15(LV35)[防具]反撃15(LV30)[装飾]気合15(LV35)
3若緑の衣防具50体力10
4蒼小石素材15[武器]水撃15(LV30)[防具]耐水20(LV30)[装飾]舞凍20(LV35)
5深緑の風武器35回復10【射程3】
6駄物素材10[武器]攻撃10(LV50)[防具]活力10(LV50)[装飾]体力10(LV50)
7橙小石素材15[武器]風撃15(LV30)[防具]耐風20(LV30)[装飾]舞毒20(LV35)
8浅緑の風武器90幸運10【射程2】
9侘桜の花弁装飾175舞護15体力10
10素材10[武器]束縛10(LV25)[防具]命脈10(LV25)[装飾]回復10(LV10)
11蛇旋の袖飾り装飾67舞乱10
12素材15[武器]追撃10(LV30)[防具]奪命10(LV25)[装飾]増幅10(LV30)
13タイヤ片素材20[武器]増幅15(LV35)[防具]反撃15(LV30)[装飾]気合15(LV35)
14
15雨濡の装衣防具45敏捷10敏捷10
16菜っ葉の肉包み焼料理48活力7体力7防御7
17たけのこ食材20[効果1]貫撃10(LV15)[効果2]器用10(LV25)[効果3]深手20(LV35)
18素材15[武器]闇纏15(LV30)[防具]反護15(LV30)[装飾]舞祝15(LV25)
19剛毛素材10[武器]放縛15(LV25)[防具]反縛15(LV25)[装飾]強靭15(LV25)
20蛇ノ鉈/カガチノナタ武器60器用10【射程3】
21素材15[武器]追撃10(LV30)[防具]奪命10(LV25)[装飾]増幅10(LV30)
22素材10[武器]風撃10(LV25)[防具]風柳10(LV20)[装飾]風纏10(LV20)
23何か柔らかい物体素材10[武器]治癒10(LV20)[防具]命脈10(LV25)[装飾]防御10(LV20)
24ビーフ食材5[効果1]活力5(LV30)[効果2]体力5(LV30)[効果3]防御5(LV30)
25破阿怒武麗華武器90攻撃10強撃10【射程1】
26山颪の石棘武器245体力20【射程3】
27涼石の羽衣法衣120敏捷20耐狂15幸運14
28
29エナジー棒料理10活力10防御10
30おさかなの奉書焼き料理136活力13敏捷13強靭13
[出現付加の効果一覧] 最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
制約25拘束/罠/リスク
具現25創造/召喚
使役25エイド/援護
付加24装備品への素材の付加に影響
合成51合成に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
《壊して》
(ブレイク)
7050敵:攻撃
《狙って》
(ピンポイント)
5050敵:痛撃
《行って》
(クイック)
6050敵:3連撃
《吹いて》
(ブラスト)
5050敵全:攻撃
《癒やして》
(ヒール)
7050味傷:HP増
《吸い取って》
(ドレイン)
6050敵:攻撃&味傷:HP増
《貫いて》
(ペネトレイト)
5050敵貫:痛撃
《払って》
(スイープ)
5050敵列:攻撃
決3タックル
(ストライク)
6050敵:攻撃+自:連続減
《燃えて》
(ティンダー)
5050敵:火撃&炎上
《刃みたいに切って》
(ウィンドカッター)
6050敵3:風撃
《刺して》
(アサルト)
5050敵:痛撃+自:連続減
《頭上から攻撃》
(クリエイト:タライ)
5050敵:攻撃&混乱
かばう
(サステイン)
5050敵:攻撃&味傷:守護
小さくなる
(ガードフォーム)
50100自:DF増
プリディクション50120味列:AG増(3T)
《駆けて》
(エアブレイド)
50100敵列:風撃
《吹き抜けて》
(エアブラスト)
5050敵全:風撃
爆弾を仕掛ける
(クリエイト:ダイナマイト)
50120自:道連LV増
《応援》
(アドレナリン)
5050自従傷:AT増(4T)+麻痺・衰弱をDX化
《跳ね返して》
(インビジブルウォール)
5080味傷:反射
《イチ、ニの、サン!》
(ヴィガラスチャージ)
60100味全:次与ダメ増
《まとって》
(アジャイルフォーム)
50100自:AG増
タッチダウンライズ5030自:AG増(2T)+HP減+連続増
《縛って》
(クリエイト:チェーン)
50100敵3:攻撃&束縛+自:AG減(1T)
箱罠をしかける
(ハントトラップ)
5060敵傷:罠《捕縛》LV増
キャプチャートラップ5090敵列:罠《捕縛》LV増
なでなで
(アシスト)
5050自:束縛+自従全:AT・DX増
《動きを見て》
(ローバスト)
60100自従:MSP・AT増
クリエイト:メガネ50100味:DX・AG増(5T)
《立ち上がって》
(リライアンス)
50120自従傷:MHP・DF・HL増
パワーブースター5040自従:AT・DF・DX・AG・HL増(3T)
決3《ボロボロにして》
(チャージ)
50100敵:4連鎖撃
決3《灯して》
(ファイアボルト)
50100敵貫:火痛撃
《攻撃を止めて》
(アゲンスト)
60120敵貫:風領撃&DX減(2T)
《蜂さん、刺して》
(ペナルティ)
50120敵3:麻痺・混乱
《奪って》
(ディベスト)
5070敵:強化奪取+痛撃
《俺を速くして》
(パリィ)
650自:AG増(2T)+SP増
《火の精霊》
(クリエイト:ファイアウェポン)
50200味:炎上LV・反火LV増
《衝撃》
(インパクト)
50120自:HP減+敵:風痛撃
《引き裂いて》
(ブルーゲイル)
5080敵従傷:風撃&凍結
助けを乞う
(サモン:レッサーデーモン)
55400自:レッサーデーモン召喚
音罠を仕掛ける
(アノイアンストラップ)
50160敵全:罠《疲弊》LV増
《勇気づける》
(クリエイト:バトルフラッグ)
70150味全:DX・AG増(3T)
落とし穴を仕掛ける
(ピットトラップ)
50120敵全:罠《奈落》LV増
助けを呼んだ
(サモン:サーヴァント)
65300自:サーヴァント召喚
《走って》
(ラッシュ)
50100味全:連続増
《止めて》
(アブソーブ)
60100敵全:次与ダメ減
助けを叫んだ
(サモン:サラマンダー)
65400自:サラマンダー召喚
決3集中した
(タイムリーバー)
7010自:混乱+瞬発LV増
助けを求めた
(サモン:シルフ)
65400自:シルフ召喚
紐罠を仕掛ける
(クリエイト:ワイヤートラップ)
50280敵全:罠《鋼線》LV増
《猛攻撃》
(ヴィクティム)
50100味傷:HP減+敵:4連撃
《自分を守って》
(アイギス)
5050自従全:守護
《おにくさああん》
(サモン:ビーフ)
60100敵:連続減+アイテム「ビーフ」をドロップするようになる(遭遇戦・採集のみ)
決3《燃え広がって》
(イグニス)
50120敵傷3:火領撃
《吹き荒れて》
(ショックウェイブ)
50160自:連続減+敵全:風撃&朦朧
《集合》
(リビルド)
50300自:連続増+総行動数を0に変更+名前に「クリエイト」を含む全スキルの残り発動回数増
大声を出した
(スタンピート)
5050自従:AT・DX・AG増(3T)
マイントラップ50250敵:罠《地雷》LV増
決3クリエイト:モンスター50150敵:粗雑攻撃
サークルバリア50200自:DF・AG増(3T)+自従傷:DF・AG増(3T)
サモン:ヴァンパイア55500自:ヴァンパイア召喚
アルゼナール50100自従全:追撃LV増

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
深呼吸
(猛攻)
650【戦闘開始時】自:AT・DX増
胸を撫で下ろす
(堅守)
550【戦闘開始時】自:DF・AG増
相手を見据える
(攻勢)
550【戦闘開始時】自:AT増+DF減
フードを抑える
(守勢)
550【戦闘開始時】自:DF増+AT減
呼吸を合わせる
(献身)
550【戦闘開始時】自:HL増+LK減
気合を入れる
(太陽)
550【戦闘開始時】自:MHP・HATE増
フードを被る
(隠者)
750【戦闘開始時】自:MSP増+HATE減
幸せを願う
(幸星)
530【クリティカル後】自:祝福
異形のミカタ
(召喚強化)
720【戦闘開始時】自:具現LVが高いほど自身の召喚するNPCが強化
異形のミカタ
(魅惑)
550【戦闘開始時】自:使役LVが高いほど戦闘勝利時に敵をエイドにできる確率増
距離をとる
(転移門)
530【スキル使用後】自:直前に使用したスキル名に「サモン」が含まれるなら、隊列後退
拳を握る
(祈誓)
530【通常攻撃後】自:祝福消費でDF・LK増(2T)
上書き付加500【常時】生産行動『効果付加』で、効果2に既に付加があっても上書きするようになる。
決3目に火が灯る
(火の祝福)
550【戦闘開始時】自:魔術LVが高いほど火特性・耐性増
そよ風が撫でた
(風の祝福)
550【戦闘開始時】自:時空LVが高いほど風特性・耐性増
高速配置540【スキル使用後】自:直前に使用したスキル名に「トラップ」が含まれるなら、連続増
声を整える
(詠唱追加)
630【戦闘開始時】自:必殺スキル強化
超過適応750【スキル使用後】自:直前に使用したスキル名に「サモン」が含まれるなら、自従傷:AT・DX増(4T)
超技術550【戦闘開始時】自:名前に「トラップ」「クリエイト」を含む全スキルを強化
韋駄天540【通常攻撃後】自:束縛+自従全:連続増
共存共栄540【通常攻撃後】自:DF増(2T)+自従全:DF増(2T)
無我夢中
(超絶合成)
500【常時】3D6が16以上なら合成後のアイテムの強さが増加するが、5以下なら減少する。
ネズミの恩返し
(駄物発生)
500【常時】生産行動『合成』で、合成成功時に自分にアイテム「駄物」が手に入る。(実験除く、1更新1つまで)
為虎添翼540【スキル使用後】自:直前に使用したスキル名に「トラップ」が含まれるなら、自従:AT増(3T)
最大EP[20]




被研究カード名/スキルEPSP説明
≪8.xue≫
(ブラスト)
050敵全:攻撃
はかいこうせん
(レイ)
030敵貫:盲目
同類?
(ノーマライズ)
080味環:HP増+環境変調を守護化
爆音マフラー
(ヒール)
050味傷:HP増
whiteday
(ショックウェイブ)
0160自:連続減+敵全:風撃&朦朧
決3
シェアハピ
(チャクラグラント)
2100味傷3:精確水撃&HP増
決3
落葉
(クレイジーチューン)
050味全:混乱+次与ダメ増
アーカイブ08
(リザレクション)
0150味傷:HP増+瀕死ならHP増
花精魔術:三花守
(ハーバルメディスン)
0100味傷3:HP増+DF増(1T)
菊に盃
(ディベスト)
070敵:強化奪取+痛撃
1ターン目必殺ドレイン
(リザレクション)
0150味傷:HP増+瀕死ならHP増
揺籃
(ブレイドフォーム)
0160自:AT増





[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 2 ]クラウト[ 1 ]ヒートイミッター[ 2 ]チェインリアクト
[ 3 ]ヒールポーション[ 1 ]クリエイト:バトルフラッグ[ 1 ]ヴィガラスチャージ
[ 1 ]ホーリーポーション[ 3 ]ストライク[ 2 ]ブルーゲイル
[ 1 ]ファーマシー[ 2 ]ワンオンキル[ 2 ]チャージ
[ 2 ]インフェクシャスキュア[ 1 ]ダウンフォール[ 3 ]プチメテオカード
[ 3 ]イグニス[ 2 ]ダークネス[ 1 ]ティンダー
[ 3 ]ムーンサルトプレス



PL / Mujo