NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 7:00~8:00
[基本]OK. [戦闘]OK. [取引]OK. [スキル]OK. 




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

――――遥か、遥か太古の昔。

ディープ族、と呼ばれる穏やかな人々がいた。
彼らは皆、"死者の霊魂による"音の現象……
ラップ現象、と呼ばれるそれを引き起こす事が出来た。
人の魂が音波として現世に訴えるそれを、彼らは聞き取り、皆に伝える事が出来たのだ。

彼らは皆その能力を隠し、その能力を他人に知られる事なく一生を終えていた。
しかし、次第にその力を振るい、富と名声を得ようとする者が現れる。
そして、人々にも次第にディープ族の存在を知られるようになった。

ある人々はディープ族を、神のお告げを聞く事の出来る神聖な人々として持て囃し、
ある人々はディープ族を恐れ、全ての厄災の原因を彼らのせいにした。

平和に生きる事を望んだディープ族は、北国にある地底への入り口を通って
人知れず地上から皆その姿を消し、空洞であった星の中で生きる事を選んだ。

――――今から約数千年前。ディープ族が、地底人となった瞬間である。

ディープ族
"魂の声"を聴く力を持つとされた地底人。
一族の中で交配を繰り返していった彼らの力は、
次第に大きく、そして異質に変貌していった。
力を使う時に髪は白く、瞳は赤くなるとされる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

――――そして、時は流れ……今から35年程前の事。
ディープ族の住む地底で、族長に一人の娘が生まれる。

その娘は大層美しく、気立ても良い惚れ惚れするような女に育った。
族長の娘であり、一際一族の中でも強い力を持っていた彼女は……
魂ある物の精神に、自由に出入りする事が出来る能力を持っていた。
ディープ族たちは彼女達の能力の事を、スペースメーカーと呼んだ。

さて、一族の中で交配を繰り返した彼らの中には
スペースメーカーを持って生まれた彼女とは別にまた少し変わった力を持つ者もいた。
例えば、彼女の兄などはスペースメーカーに加えて
"未来予知"の力を持っていた。未来に繋がった魂の声を、彼は聞く事が出来たのだ。

そう、そして兄は聞いてしまった。
自分達の住む地底の、さらに奥深くから……抗う術もない災厄が訪れ、
それがディープ族を滅ぼすであろう事。
そして自分の妹が、地上人との間に生まれた子をその胸に抱く事を。

さらに問題だったのは……予知した未来が訪れる刻が、
その僅か1時間後だった、という事だ。

たった1時間の間で、ディープ族の間で禁忌とされた地上へ逃がす事が出来たのは……
自分の妹、たった一人だったのだ。

地上へ逃げたディープ族の生き残り、彼女の名は……ココロ

その息子である芥川 響は……地底人ディープ族の、最後の生き残りである。

芥川 響……地底人"ディープ族"と、地上人のハーフ。


――――母、心は死んだ。
      地底のディープ族も皆滅んだ――――

                       

彼が死ねば、


ディープ族は絶滅する。








ENo.161 ミツフネ とのやりとり

ミツフネ
「成程。お前の方も色々情報が集まってんな。
 にしても、ニコラが羽と輪っかねえ……。
 あの見た目から確かに納得できるところではあるけども、
 ドMなのもそいつとなんか関係があんのかな??」

ミツフネ
「拝木は、あいつ自身つーよりはその親? 黒幕? みてーなやつばっかり
 話をしてんな。あいつ自身はどこ行ったんだか。

 神宮と冬鐘についてはお前に任せた。
 特に神宮……、向こうで人格の話がもう少し進んでいれば
 こっちでも動機がある程度見えてくるのかもだが、ままならねえな」

ミツフネ
「十神は……。
 ………………………、もう少し時間をくれ。
 情報と考えが纏まったら、話すから。

 ああ、ただ、先にこれだけは言っておく。クソややこしい話だが。
 今話している『あいつ』の言っていることが正しいなら、
 十神 十は二人いる。片方が弟で、片方が姉。
 但し、男の体が姉のほうらしい。

 本当かどうか、まだ完全に信用できる情報じゃあねえがな」

ミツフネ
「んで、まあ、お察しの通りだ。
 エーデルについては懸念事項がいくつかある。
 だから何か、身体、精神、いずれかに異常の兆候が見られたら
 直ぐに連絡してくれ。頼む。

 正直かなり不安な状況だ。
 お前らがついてるから、まだ安心でき───」

ミツフネ
「………………………………………
 ………………………………………
 ………………………………………」

ミツフネ
ゴリラ??

 えっ? ゴリラってあの、お前が前に技を編み出した時の?
 戦って、技を真っ向から受け止めてきたって言う??
 あのゴリラ???

 なんで一緒にいんの???


ENo.194 リンネ とのやりとり

リンネ
もう動いてる

リンネ
「――――」

セツナ
『だったらはよこんかーい!!!』

リンネ
「ねえさん、どうどう……」

セツナ
『っく……、全く、全く……!来るのが遅い、遅すぎる……!!
いや、ほんと君なにやってるの???事態が二転三転してから来るとか、流石に遅い!』

セツナ
『守るだ、解決するだって口にしてたって結果がでないと意味ないでしょうがよ。
残念だけど、此処は戦争してる場所なんだ。喧嘩じゃなくて、戦争。
次の一つで事態がどうなるかなんてわからない場所なんだよ、此処は』

セツナ
『というか、なんだかんだいってシエルんとこ辿りつけないのは、心の迷いが脚にでてるんじゃないんですか?

どうかする、何かする、って謳うのであれば、まずはやって何かしろ解決してみなさいってばよ』

セツナ
『あー……いやもういい、わかった。私の異能でシエルの側へと引き寄せる。
それで話は一発だ。よし、そうしよう』

リンネ
「あ、ちょっとねえさま、そんな一方的な上に、まだわたしの話がおわって―――」

◇ブツッ!



……………


リンネ
「……すいません。えーと」

リンネ
「……私から話したい本筋は忘れました、えぇ、はい。なんだったっけかなぁ……

あ……ただ姉のいう事も一理あるかと。前回のタクシーの運転手から入った情報が本当であれば……少々、貴方の行動は遅すぎです。
此れからは、あの手の真相が定かではない、私達の立ち位置を〝惑わせる〟情報をいれてくる事でしょう」

リンネ
「あんな話を聞いた以上は、『そうせざる得ない』という人も出てきてしまう筈ですから。
『みんなの事情だって解決して見せる』というのであれば、即行動に移らないと。解決できる事も、それでは解決にならない……そういう事態にだってなってしまう筈です」

リンネ
「兎角、何か成し遂げたい事があるのであれば、即時行動にうつったほうがいいですよ。勿論、よく考える、というのは正しい事ですけれど」


ENo.195 天使様 とのやりとり

天使様
「あらあら、では問題ないですね!

こちらではほら、近くにいないとそういうのはお渡し出来ないので…。
もしも偶然が重なれば、になっちゃいますから。」

天使様
「…よし、良い顔に成りましたね。
まずは貴方は彼女の元へ、直にあってお話を――」

天使様
「ですからそう――そろそろ迷子から脱却しましょう!!

スパーン!と右手がツッコミの仕草を入れた――


ENo.219 ステバ とのやりとり

ステバ
「とめられる、ことを、きょよう、しません。」

ステバ
「すてばは、いきて、いません。
いきる、けんりを、あたえられて、いません。」

ステバ
「とめられる、ことに、ていこうします。」

ぎこちない、クラスメイトのものに似た、冷淡にも聞こえる声だ。何かがメリメリと強く軋むような音も混ざっていた。


ENo.513 十神 とのやりとり

十神
ハッ──我は何を──!!
 おのれアンジニティ、我が思考をハッキングするとは!
 そうだったな、今はそんな話をしている場合ではない……」

十神
「……我には、イバラシティでの記憶しかない。
 きっとこの体はアンジニティのものかもしれぬが、
 我はアンジニティとして過ごした時間など1秒たりともない。
 アンジニティの奴らにでも聞けばこの答えは分かるんだろうか……」

十神
「どうせアンジニティの体を得るならニコラくんみたいな
 大きな翼が欲しかった、と言っては罰当たりだろうか──」


ENo.545 東堂玄樹 とのやりとり

雪月結華
「ふふっ、響様らしい喩えですね
……その関係よりは王様と軍人という喩えが適切かもしれませんね
ちなみに私が軍人ですね?」

クスクスっと笑いつつ答える

「はい、ありがとうございます、響様もどうか危ないと思ったら
避難してくださいね?心から心配しておりますので」


ENo.582 リョウ とのやりとり

―通信相手が存在しません、と表示されている―


ENo.656 『 』 とのやりとり

神宮
「………それを素直に聞く君も君だよ…。
忠告はしてるから。

というか、本当に来るなら早く来て。
こう…雪瀬さんも気が気じゃないみたいだし。心にまだ余裕があるうちに頼むよ。」


ENo.897 _____ とのやりとり

「b; 4b@tpueq@:w@
 dy:ef zut@zw.yq@……
 p@zqeeqe………eeu qkm4tu

「e7 xrt@i fy2@y
 d@94q@y q@:s@<

 w@m2@zlwgi hzzew.d
 2@zlwgis.kt@……7zf[l3zqoqkm4tu

こほん……-@hk utjm
 qr:w-de
 ……nyu ck 6tdhuza7zw
 4el3]xyf q@ed@942@c4i n5.yq@:s@……」

「nyui vv@ghyk ek4 ztzwmo4 stf
 32@ueq@¥4to tyt@5wueyq@:s@
 ……c4q@y st kzw-deu
 eete? vv@ghy」


以下の相手に送信しました

ENo.99
ウォン
ENo.139

ENo.229
神の力
ENo.253
亡霊:御堂翠華
ENo.377
火花
ENo.381
兎角杏子
ENo.392
魔人王モロバ
ENo.414
“移ろふ者共”
ENo.582
リョウ
ENo.656
『 』
ENo.717
Qimranut
ENo.824
オルトロス
ENo.1104
刀崎 依良





ヒビキ
「……少し意識がこちら側に流れ込むのが早くなってきたな」


 霊界探偵は無言だ。険しい表情で前だけを見ている。

シュナイダー
「引き分け……?」
シュナイダー
ぐぬぬ……。
シュナイダー
 しかして、一概に肩を落とすばかりではない。
傷つけずに済んだ――そんな、一抹の心が芽生えている。
在ったのだ。自身の知る顔が。
シュナイダー
 躊躇いが無かったと言えば嘘になる。
手元が揺らめく。躊躇いから。
傷付ける――その行為は、善にこそ重い。
シュナイダー
 剣と盾を握り締め、ハザマの空を仰ぐ。
善悪では無く、想いの狭間たるこの場所。
シュナイダー
 なんと業深き事か。
罰するためならば、
どれだけ良かったのかと。

亡霊:御堂翠華(253)ItemNo.21 毛 を手渡ししました。

亡霊:御堂翠華(253) から エナジー棒 を手渡しされました。

ItemNo.23 を食そうとしましたが、何か美味しいモノの幻を見ていたようです。















MASAKO
ENo.216
ヒビキ
ENo.253
亡霊:御堂翠華
ENo.281
まさこ
ENo.551
勇者
ハザマに生きるもの
ネギさん
チンピラ
ホストA
ホストB
















ブラッドクルス
ENo.1392
クリス
ENo.1399
キョウジ
ENo.1418
ダグラス
ENo.1434
ルキア
MASAKO
ENo.216
ヒビキ
ENo.253
亡霊:御堂翠華
ENo.281
まさこ
ENo.551
勇者







まさこ(281) から 318 PS 受け取りました。
まさこ
「はい、これ。裏バイト代よ!」

具現LV5 DOWN。(LV10⇒5、+5CP、-5FP)

武術LV5 UP!(LV20⇒25、-5CP)
響鳴LV5 UP!(LV20⇒25、-5CP)
武器LV5 UP!(LV55⇒60、-5CP)

まさこ(281) の持つ ItemNo.20 毒牙 から射程2の武器『バスターアーム』を作製しました!

亡霊:御堂翠華(253) により ItemNo.22 毒牙 から装飾『厄払いの勾玉』を作製してもらいました!
 ⇒ 厄払いの勾玉/装飾:強さ140/[効果1]耐疫15 [効果2]- [効果3]-
コメット
「毒を持って毒を制す……というやつです」

カノン(1163) とカードを交換しました!

マーチ (マーチ)


フレイムインパクト を研究しました!(深度0⇒1
フレイムインパクト を研究しました!(深度1⇒2
フレイムインパクト を研究しました!(深度2⇒3

フィアスファング を習得!
ノクターン を習得!
ソウルビート を習得!

◇通常獲得:各CP・FPが5増加した!






ヒビキ(216)ボロ毛布 を入手!
亡霊:御堂翠華(253)栄養ドリンク を入手!
まさこ(281)栄養ドリンク を入手!
勇者(551)ボロ毛布 を入手!
ヒビキ(216)赤い薔薇 を入手!
まさこ(281)赤い薔薇 を入手!
勇者(551)不思議な食材 を入手!
亡霊:御堂翠華(253) を入手!






亡霊:御堂翠華(253) に移動を委ねました。

カミセイ区 H-3(沼地)に移動!(体調30⇒29
カミセイ区 G-3(沼地)に移動!(体調29⇒28
カミセイ区 G-2(沼地)に移動!(体調28⇒27
カミセイ区 F-2(森林)に移動!(体調27⇒26
カミセイ区 E-2(森林)に移動!(体調26⇒25







>> これまでのあらすじ


[815 / 1000] ―― 《瓦礫の山》溢れる生命
[370 / 1000] ―― 《廃ビル》研がれる牙
[365 / 500] ―― 《森の学舎》より獰猛な戦型
[103 / 500] ―― 《白い岬》より精確な戦型
[150 / 500] ―― 《大通り》より堅固な戦型



―― Cross+Roseに映し出される。

 

 

 

 

 


白南海
「・・・・・・・・・」

エディアン
「・・・・・・・・」


 

白南海
黒い短髪に切れ長の目、青い瞳。
白スーツに黒Yシャツを襟を立てて着ている。
青色レンズの色付き眼鏡をしている。

エディアン
プラチナブロンドヘアに紫の瞳。
緑のタートルネックにジーンズ。眼鏡をかけている。
長い髪は適当なところで雑に結んである。


チャット画面にふたりの姿が映る。

 


白南海
「・・・・・・・・・」

エディアン
「・・・・・・・・」


 


白南海
「・・・怖いだろうがよ。」

エディアン
「・・・勘弁してくれませんか。」


 


白南海
「ナレハテってあの!アレだろォッ!!?ドッロドロしてんじゃねーっすか!!
 なんすかあれキッモいのッ!!うげぇぇぇぇうげえええぇぇぇ!!!!!!」

エディアン
「私だって嫌ですよあんなの・・・・・
 ・・・え、案内役って影響力どういう扱いに・・・??私達は関係ないですよね・・・????」

白南海
「あんたアンジニティならそーゆーの平気じゃねーんすか?
 何かアンジニティってそういう、変な、キモいの多いんじゃ?」

エディアン
「こんな麗しき乙女を前に、ド偏見を撒き散らさないでくれます?
 貴方こそ、アレな業界の人間なら似たようなの見慣れてるでしょうに。」

白南海
「あいにくウチはキレイなお仕事しかしてないもんで。えぇ、本当にキレイなもんで。」


ドライバーさんから伝えられた内容に動揺している様子のふたり。

 


白南海
「・・・っつーか、あれ本当にドライバーのオヤジっすか?何か雰囲気違くねぇ・・・??」

エディアン
「まぁ別の何か、でしょうね。
 雰囲気も言ってることも別人みたいでしたし。普通に、スワップ発動者さん?・・・うーん。」


 

 

 

ザザッ――

 

チャットに雑音が混じる・・・

 

 

 


エディアン
「・・・・・?なんでしょう、何か変な雑音が。」


 

ザザッ――

 


白南海
「ただの故障じゃねーっすか。」


 

ザザッ――

 



「――・・・レーション、ヒノデコーポレーション。
 襲撃に・・・・・・・・いる・・・ 大量・・・・・こ・・・・・・死体・・・・・・ゾ・・・・・・」


 



「・・・・・ゾンビだッ!!!!助け――」


 

 

 

ザザッ――

 

 

 


白南海
「・・・・・・・・・」

エディアン
「・・・・・・・・・」


 

 

 


白南海
「ホラーはぁぁ――ッ!!!!

 やぁぁめろォォ―――ッ!!!!」

エディアン
「勘弁してください勘弁してくださいマジ勘弁してください。
 ホラーはプレイしないんですコメ付き実況でしか見れないんですやめてください。」


 

 

 

チャットが閉じられる――












Two sides of the same Coin
ENo.216
ヒビキ
ENo.253
亡霊:御堂翠華
ENo.281
まさこ
ENo.551
勇者
ハザマに生きるもの
洗濯機
大蛇
洗濯機
大蛇




214 333


1st
大蛇


2nd
大蛇


3rd
洗濯機


4th
洗濯機





















TeamNo.81
ENo.81

ENo.248
ユウ
ENo.449
淡雪
ENo.572
リタ
Two sides of the same Coin
ENo.216
ヒビキ
ENo.253
亡霊:御堂翠華
ENo.281
まさこ
ENo.551
勇者




424 513








7th









ENo.216
芥川 響
「――――後は……
 いつも通り、飛び込むだけだ。そうだろ?」

名前:芥川響
年齢:16
性別:男
身長:173㎝
重さ:66㎏
誕生:3月15日

趣味: 釣り、STG(対戦相手の事を気にしなくて良いので)
得意スポーツ: ストリートファイト
大切な物: 父親、"裏の自分"、イバラシティ
好きな食べ物: カステラ(少しグルメ気質)
嫌いな物: 勉強
所属: 相良伊橋高校2-2→3-2 イバラシティ
異能名: スペースメーカー

自分の持つ異能の影響で数年前まで自分への自己嫌悪と
他人への凄まじい不信感を持ち、
日々喧嘩に明け暮れていた男子高校生。最近転校してきた。
周りの人物の支えによってこの島に来る前から
人間不信はかなり和らいできているようだが、
最近相良伊橋に転校して来た事も相まって
あまり友達がいなかった。
……のだが、最近自分のクラスに毒されて来ており
自分の本質と、笑顔を見せる事が増えてきている。

――――真っ当なイバラシティの出身だが、
"アンジニティ"における芥川響の同位体の精神が
ワールドスワップの際に彼の精神に入り込んでしまい、
疑似的な二重人格状態となっている。
異能の力はアンジニティの芥川響の方が強力なため、
ハザマではアンジニティの方が表の精神となる。
しかしイバラシティ、ハザマ双方において
交代する事などは出来るようだ。

異能『スペースメーカー』
心を持つ物体の、"心の余裕"や"心の空白"
に入り込む事で入り込んだ対象に心の中から干渉できる。
入りこまれた対象が拒絶の意思を示すと、
強制的に心から放逐される。

『シンクロフュージョン』
"二重人格の裏の自分"と共に自分の肉体を同時に操り、
全く同じ力・スピードで同じ方向に動かす事で
自分の身体能力を常時二乗にする響の"奥の手"。

極めて特殊な二重人格状態である響にのみ可能な
"異能の応用"であり、
スペースメーカーをコピーしたとしても
この技を使用する事は出来ない。


イラスト:山下和真様
※既知設定(学校関連など)はオールOKです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

sub

名前: アンナ・ルーデル
年齢: 20
性別: 女
身長: 163㎝
重さ: ぶちころがしますわよ

趣味: 最強
得意スポーツ: やれば何でもできる
大切な物: 金、最強、相棒、自分自身
好きな食べ物: 血のしたたるステーキ、和菓子
嫌いな物: 臭い物、汚い物
所属: †最強陣営†
異能名: なし

イバラシティを開発してリゾート地にするために、
じいと相棒を伴って意気揚々と上陸して来たお嬢様。
妙に往生際が悪く、過度な自信過剰。
過度すぎて自分自身の事を最強と思っている。
良心はちゃんとあるが、
基本的にはお関わりになりたくない人物と言っていいだろう。
心は鋼。そして暴力的で馬鹿。割とノリはいいよ。
過去にデスゲームに参加し、生きて帰った経験を持つ。

イラスト:utsugi様


コードネーム: ストレイト
年齢: ???
性別: 男
身長: ???
重さ: ???

金髪に紫のメッシュ、
黒い帽子とサングラス、赤いマフラーを着用した
謎の多い怪しげな男。いくつかの"誓い"を立てており、
その"誓い"を自分から破る事は決してない。
イバラシティを心から愛している。

イラスト:佐伯様
25 / 30
867 PS
カミセイ区
E-2
行動順4【特攻】AT・DX↑
14520
500







相良伊橋高校
2





Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材の場合は詳細等)
1素材10[武器]風撃10(LV25)[防具]風柳10(LV20)[装飾]風纏10(LV20)
2鉄バット武器130強靭10【射程1】
3不思議な装飾装飾10
4指なしグローブ武器30攻撃10【射程1】
5不思議な石素材10[武器]回復10(LV5)[防具]防御10(LV5)[装飾]幸運10(LV5)
6シンクロバンテージ武器45混乱10【射程1】
7携行食料理40器用10敏捷10耐疫10
8素材10[武器]束縛10(LV25)[防具]命脈10(LV25)[装飾]回復10(LV10)
9草編み人形装飾45増勢10
10フュージョン・オブ・ゴリラ防具40命脈10
11素材10[武器]朦朧10(LV20)[防具]体力10(LV10)[装飾]増勢10(LV25)
12ネジ素材15[武器]貫撃10(LV25)[防具]地纏10(LV25)[装飾]舞乱10(LV25)
13素材10[武器]束縛10(LV25)[防具]命脈10(LV25)[装飾]回復10(LV10)
14ゴリラ・クロス・ヒビキ防具90反護15
15フローラルポプリ装飾75器用10
16王Gバット武器165攻撃20攻撃10【射程1】
17花びら素材10[武器]混乱10(LV25)[防具]舞魅10(LV10)[装飾]祝福10(LV20)
18花びら素材10[武器]混乱10(LV25)[防具]舞魅10(LV10)[装飾]祝福10(LV20)
19花びら素材10[武器]混乱10(LV25)[防具]舞魅10(LV10)[装飾]祝福10(LV20)
20素材10[武器]風撃10(LV25)[防具]風柳10(LV20)[装飾]風纏10(LV20)
21エナジー棒料理10活力10防御10
22厄払いの勾玉装飾140耐疫15
23ボロ毛布素材20[武器]魔力15(LV30)[防具]耐水20(LV30)[装飾]防災20(LV30)
24赤い薔薇素材10[武器]火撃10(LV25)[防具]反魅10(LV25)[装飾]火纏10(LV25)
[出現付加の効果一覧] 最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
武術25身体/武器/物理
命術5生命/復元/水
具現5創造/召喚
響鳴25歌唱/音楽/振動
武器60武器作製に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
ブレイク6050敵:攻撃
ピンポイント5050敵:痛撃
クイック5050敵:3連撃
ブラスト5050敵全:攻撃
ヒール5050味傷:HP増
ドレイン5050敵:攻撃&味傷:HP増
ペネトレイト5050敵貫:痛撃
スイープ5050敵列:攻撃
決2ストライク5050敵:攻撃+自:連続減
決1ティンダー5050敵:火撃&炎上
ウォーターフォール5050敵:水撃
クリエイト:タライ5050敵:攻撃&混乱
ガードフォーム50100自:DF増
エチュード50120味全:DX増(4T)
リフレクション5050自:反射
レッドショック5080敵:3連鎖火撃
決1フロウライフ5080自:MHP・DF増
クリエイト:シールド52200自:DF増+守護
クリーンヒット5060敵:痛撃&次与ダメ減
決1マーチ50100味全:AT増(4T)
決3コンテイン5050敵列:精確攻撃&次与ダメ減
コントラスト6060敵:火痛撃&炎上&自:守護・凍結
決1ファイアダンス5080敵:2連火領撃&炎上+領域値[火]3以上なら、火領撃&炎上
アクアシェル5050味傷:HP増+火耐性増
コールドウェイブ5080敵4:水撃&凍結+自:炎上
クリエイト:パワードスピーカー50130自:魅了LV増
カームソング50100敵全:攻撃&DX減(2T)
決1チャージ50100敵:4連鎖撃
ファイアボルト50100敵貫:火痛撃
決3アクアヒール5070味傷:HP増+炎上を守護化
ビブラート50120敵全2:粗雑SP攻撃
ガーディアン5050敵:攻撃+味傷:護衛
デストロイ50100敵:守護減+火痛撃
アクアブランド5150敵:水痛撃&味傷:HP増
サモン:ウォリアー55300自:ウォリアー召喚
ブレイブハート60100味:AT・DX増(3T)+精神変調を祝福化
カウンター50130自:反撃LV増
バーニングチューン60140自:炎上+敵5:火撃&麻痺
フリーズノート50110敵従全:水領痛撃
コントラクト5080自従:契LV増
決3イレイザー50100敵傷:攻撃
サモン:サーヴァント55300自:サーヴァント召喚
ヒーリングソング50120味全:HP増+魅了
ツインブラスト50220敵全:攻撃&麻痺+敵全:攻撃&盲目
チェインリアクト81150敵:5連鎖撃
サモン:ハーピー53400自:ハーピー召喚
決3ハードブレイク51120敵:攻撃
エファヴェセント50280敵全:攻撃、命中ごとに自:AT・DX増(1T)
インヴァージョン60150敵全:攻撃&祝福を猛毒化
決1フィアスファング50150敵:攻撃&MHP減
ノクターン50180敵5:魅了
ソウルビート50200敵:5連撃+自:SP50%以上ならAT・LK増(2T)

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
猛攻750【戦闘開始時】自:AT・DX増
堅守550【戦闘開始時】自:DF・AG増
攻勢650【戦闘開始時】自:AT増+DF減
守勢550【戦闘開始時】自:DF増+AT減
献身550【戦闘開始時】自:HL増+LK減
太陽550【戦闘開始時】自:MHP・HATE増
隠者750【戦闘開始時】自:MSP増+HATE減
召喚強化520【戦闘開始時】自:具現LVが高いほど自身の召喚するNPCが強化
決3五月雨540【スキル使用後】敵:3連水撃
集気540【通常攻撃後】自:次与ダメ増
巧技540【戦闘開始時】自:DX・LK増
大砲作製500【常時】生産行動『装備作製』で武器「大砲」を選択できる。大砲は射程が必ず4になる。
最大EP[20]




被研究カード名/スキルEPSP説明
ヒール
(ヒール)
050味傷:HP増
加護
(プロテクション)
080自:守護
ヤバげな薬品
(クレイジーチューン)
050味全:混乱+次与ダメ増
きらぼし
(サモン:ウンディーネ)
5400自:ウンディーネ召喚
枝垂れ雨
(ウォーターフォール)
050敵:水撃
決1
《三ツ目る瞳》
(チャクラグラント)
2100味傷3:精確水撃&HP増
黒い名刺
(サステイン)
050敵:攻撃&味傷:守護
決1
マーチ
(マーチ)
0100味全:AT増(4T)





[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 1 ]ヘイルカード[ 2 ]デアデビル[ 3 ]サモン:サーヴァント
[ 3 ]ディープブルー[ 3 ]フレイムインパクト[ 2 ]環境変調特性
[ 1 ]クリエイト:グレイル[ 2 ]カームフレア[ 2 ]ワンオンキル
[ 2 ]ハードブレイク[ 2 ]アクアヒール[ 1 ]バーニングチューン
[ 3 ]ストライク



PL / すりっぱ