NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 1:00
[基本]OK. [取引]OK. 




 黙し告げぬ天津風は幾度として世界を救ってきた勇者である。
 世界の命運を委ねられ、その身に60憶の生命を背負いて終ぞ世界を脅かさんとする魔王を討伐した英雄である。
 始まりは些細な切欠だった。『勇者』として自分が魔王と何れ敵対することになるのだと、何となくの予感を感じていた。
 1102つある歴代の勇者の慰霊碑がある街――嗚呼そこはきっと故郷であったに違いない――場所で、己もまた彼らに続いて勇者になるのだと使命感にも似た感覚を胸に刻み、旅立った事は辛うじて記憶していた。
 出奔したのが齢15の頃で、3年かけて己は強くなり続けた。元々天武の才があったのだろう。来る敵来る敵をばっさばっさとなぎ倒し、怖すぎる程順調に困難を踏破して来た。魔王の幹部を倒して城を走破し、遂にこの手で魔王を仕留めたのだ。
 ここまでの道程は長く険しいものだった。幾度も死を悟っては諦めそうになり、それでも歯を食いしばって拳を作って窮地を脱したことは一度や二度ではない。数えきれないほどの壁にブチ当たる度に使命感と根性を胸に抱いて、どこまでもどこまでも突き進んでいた。
 誰かの為、世界の為。すべての悪しき者達を斃し、弱者を救い続けた結果、己は魔王を討伐するに至った。
 天津風ヒトミという存在は歯を食いしばってでも不屈を為し、敵に掛ける温情も何も与えぬ「黙し告げぬ天津風」という名で世界に響き渡り、世界に一度、晴天と吉報を与える神からの救済にも等しい偉業を成し遂げたのだ。

 かくして世界は輪転する。
 魔王を斃した直後にまばゆい光に包まれたと思いきや、己の意思とは無関係にすべてが差し戻されていた。己の年齢も姿も、町並みも何もかも。
 ただ一つ、倒したはずの魔王の角が己の頭に宿っていることを除いて。
 『魔王を打倒した、おめでとう。さあ次の魔王を倒しに行こう』
 そんな幻聴を耳にした気がして、勇者は暫し惚けてしまった。

 記憶はまるで夢から覚めた時のように曖昧で、これまで得た冒険の知識すべては胡乱なものになって曖昧化する。一時間もすればきっと忘れる程度の、何でもない些末な記憶だ。
 なぜこんな既視感を抱いているのか疑問に感じる。嗚呼、夢でも見ていたのだろうか。
 どうしてか体に染みついた経験は旅立つ前よりも軽やかで、澄み渡る青空のようにどこまでも行けるという万能感を与える。
 勇者は頭に叩き込んだ筈の知識と記憶のすべてを剥奪されながら、経験値をそのままに世界を流転する人々の希望たる勇者そのものになることが出来た。
 その頭骨から魔王がかつて宿していた異形の角が、片方のみ携えていることで一度討伐を果たしたという証を示す。
 勇者がつんと触ってみるととても鋭く痛かった。指先から流れた血液を舐め取ると、自然と笑みがこぼれた。
 これから新たな冒険が始まる。ただ使命感に駆られるがままに勇者として、根性を抱いて前へと進むのだ。







「……ッ、うぇ」

 廃墟と化したラブホテルを散策した結果、獲得した缶詰を手に個室に引き籠り、口に含む。味はたいして美味しくも無い。この世界では『不思議な食材』として一貫して通している肉だか魚だかも分からない物体を咀嚼しながら嗚咽を零し、黙し告げぬ天津風は深く嘆息した。
 彼女は心底うんざりしたと舌打ちをしながら粗食を食べ終えるとベッドから跳ね起きて外を見る。終末世界を思わせる天と地の荒廃した世界が広がっていた。
 ぐっと伸びをしてから外へ出ると、扉の反対側の壁に死体が突き刺さっている。赤色の命の泉だったものが点々と続いている場所を見遣ると、廃ホテルを占領する際に抵抗して来た組織ぐるみでハザマにやってきた者達の物言わぬ体がそこかしこに転がっていた。

「勇者に逆らうからこうなるのよ。現代世界に逆転生したわけじゃあるまいし、弱者だと視られたのかしら」

 腕を組みながら缶詰の蓋の裏にこびりついた油と肉の欠片を舐め取り、雑多に放り投げて、死体が連なっている通路を歩く。
 床に散らばる臓物は大した差は無かった。多少なり煙草や酒で汚れたものもあるのだろうが、どれもこれも似たり寄ったりだ。少なくとも――

「全テハ正義ノ為――」

 己の影にへばりついている『成れの果て』よりは、余程血の通っている存在に違いない。
 片角しかない女に比べて黒色が目立つ容姿をしていた。頭の両サイドに角を生やし、殆ど裸身といっても過言ではない見目麗しい女体の影が太陽光から照らされる影の法則を無視して地面の中に沈み込みながらも本体の動きと独立してうごめいている。
 黙し告げぬ天津風の使役するエイドや従者、異能ではない。これも黙し告げぬ天津風そのものだ。
 ハザマ内では異能がより強固になるという特性を利用し、常時発動型である『諦めない』異能を最大限に活用して世界に留まり続けている。
 本来黙し告げぬ天津風単体で出て来る筈だったのが、異能のゴリ押しによって成れの果ての体まで出張る形になってしまっていた。
 しかし彼女にとってそれは些細なことだった。タイムパラドックスだとかそんな細かい理論は詳しくないものの、こうして同じ舞台に立てているということは、勇者が複数いなければこの事象への対処が難しいのだろうという神の選択だと判断したのだ。

「悪い奴らは、イバラシティの悪。ヒトミがイバラシティをすくわないと」
「然リ――悪ヲ許スナ。世界ニ、平和ヲ……誰カヲ救ワナイト」

 まるで水たまりのように丸い形を形成した後、影は赤色の光を宿して這い上がった。ぼうっとした光は影の眼に相当する部位で、本体の碧眼とは似ても似つかない程に生気を感じられない。
 およそ飲食が必要な体ではなく、排泄器官もあり、性欲に駆られることも生理で沈み込むことも無い。影の黙し告げぬ天津風はそれでも生きていると断固として己を貫いている。
 
「侵略コソ救済。勇者ガスベテヲ、助ケナイト」

 こうしてぶつぶつと怨恨を撒き散らすかのように呟く成れの果て。それを気味悪がらずにして、女はさも当然という風に堂々と返す。

「分かってるって。アンジニティに墜ちるまで酷使しても世界を救おうと頑張るなんてカッコイイじゃん」

 黙し告げぬ天津風にとって、それは憧憬の対象だった。狂人のような思想と思考を一貫して、光に向かって突き進み、最後まで人々を案じて世界を救うことを理想として掲げ、最後には勝利を成し遂げる。
 いかに人から見られない姿になることが出来なくなったとしても、自分自身を貫き通して正義を執行する姿に、二周目の黙し告げぬ天津風は心酔していた。





 廃ホテルから出た後、次のチェックポイントまで大分距離がある事が判明した。
 まずは新しい拠点を目指すことにしよう。もう少し美味しいものを口にして、出の悪いシャワーじゃなくてお風呂に入ってからゆっくり考えてみることにしよう。
 先ほどのチンピラ達から奪った金を適当して、適当にポケットに詰め込む。これくらいなら区間の移動くらいは問題ない。次元タクシーを利用することにして手を上げると、客を乗せたタクシーが何台か通り過ぎた後に空車のタクシーが目の前で止まった。
 後部座席に座り込みながら、背もたれにぐっと体を沈ませる。

「チナミ区まで。適当な街道に出られればそれで良いから」

 次元タクシーの運転手は不愛想に頷いてギアを入れ、車を発進させる。光の無い道路を車のライトだけが照らして流れていく。方々から別のタクシーのハイビームがチカチカと輝いているのがせめてもの救いか。
 広い直線の道路に差し掛かったところで、運転手は意を決したようにハンドルをぎゅっと握り直すと、視線を僅かに後方へと向けた。

「それで――お二人を下ろせば良いんですね」
「二人……?」
「いえ、そっちのお連れさん……」

 運転手が目配せしたほうを見ると、後部座席の左側に白色の瞳を携えた真っ黒な女性が佇んでいた。
 黙し告げぬ天津風の足元から這い出ていて、脹脛から下は黒塗りの座席で見えづらくなっているものの、太腿に手をしっかりと合わせながら背筋を伸ばし、姿勢よく座り込んでいた。
 黒塗りの体は一糸纏わぬ姿というよりは黒タイツを着ているような容姿だが、車のライトに照り輝きも発生しないからついつい見逃してしまいそうになるが、ルームミラーで確認できる程度には実在性を確かめられる程度には見た目がはっきりとしていた。

「……えっと、はい」

 さしもの困惑の色を巡らせながら本体は視線を迷わせた後、歯切れを悪くしながらも肯定した。

「……なんで乗り込んだの」

 影に沈んでいれば料金も安く済むというのに、小声で捲し立てていると、黙し告げぬ天津風の成れの果てはさてはて、と疑問を抱いたのか首を傾げた。
 茫洋とした白色だけが輝く瞳はまんまるとしていて、一瞬何を言ってるのかわからないと言われたかのように沈黙を続けて数秒。人に似つかわしくない大仰に開いた三日月の形をした口許がパクパクと開かれる。

「無賃で乗るのは正義に反する……?」

 勇者ならば、金を支払ってきちんと対価を払わねばならない。この場に勇者が二人いるなら、娑婆の人間には平等に接してやらねばならない、というのが勇者たられば。
 対立せず中立の立場でいる運転手には相応の所為をしなければならない。

「……肝に銘じておく」

 ヘンなところで理性的で、ヘンなところで律儀だとごちる。
 成れの果ての勇者としての在り方が垣間見えた気がして、女は視線を逸らす。到着するまでの間、頬杖を突きながら窓の外を流れる光を眼で追いかけるのだった。
 気付けば一時間が経過していた。







ENo.1495 鹿瀬 満月 とのやりとり

みつき
「(もし一緒のベースキャンプにいれば、いの一番に、味方を勇気づけるようなそんな声を、勢いを、彼女は発していたに違いない。
 けれど自分のいるベースキャンプには、そんな声もなければ、よく見知ったはずの彼女の姿はない。)

ヒトミ先輩は……、そっち側だったんですね。

(あまり信じたくはないけれど、事実は事実でしかない。彼女はイバラシティ側のベースキャンプにはいないのだ。)」

みつき
「(転入してきたばっかりの私と一緒に遊んでくれて、いろんなことを教えてくれて、
 振り返ったらすぐ近くにいてくれて、元気を与えてくれた先輩と、わたしは、

 たたかうの? 先輩の行為を否定するの? 
 もしかしたら――先輩と命を奪いあわないといけないの?)

(想像すると、頭が痛くなってくる。ずんと重たい想いが胸にのしかかってくる。
 想像するだけで、手が震えて、心が、膝が折れてしまいそうな気持ちになる。
 
 そんなとき、ヒトミ先輩はどう言うだろう?
 ――私の知っている彼女は、ぜったいに、そんなことを、折れてしまうことを良しとは言わないはずだ。)」

みつき
「ヒトミ先輩、歌ってましたね。"It`s My Life"
 わたし、あの詩、帰ってからちゃんと意味も調べたんですよ。
 こう言ってましたね。
 立ち向かえ!意思を曲げるな!立ち止まるな!――って」

「大事な先輩が教えてくれたんだから、後輩は、しっかりと背中をみて真似するんですよ。
 だからもし、どこかでヒトミ先輩と戦うことになったとしても――

 わたしは、絶対に、意思を曲げずに、立ち止まらずに、立ち向かってみせます。
 先輩を7回倒しても8回起きたって、何度だって倒してみせます。いくらだって付き合ってあげますから。

 それが、わたしの人生<こたえ>です!
 (Cause it's my life!)」


以下の相手に送信しました

ENo.445
餅田 ハナ子





ギイ
「アナタ方ガ、アンジニティノ方々デスカ。ドウゾヨロシク。
シカシ、ヤハリ個性的ナ方々デスネ。

座ッテイルコレハ、マアオマケミタイナモノデスガ。
トッテ喰ワナイデモラエルト、助カリマスヨ。」

ヒトミ
「みんなで頑張ってイバラシティを救ってあげよう
過酷な道でも大丈夫。諦めなければ困難は踏破できるんだから」















昏迷せし彷徨者
ENo.14
縷々 エネ
ENo.283
黙し告げぬ天津風
ENo.713
レーコとピース
ENo.1507
翔洲 瑠莉
ハザマに生きるもの
ヤンキー
道端ガムマンA
道端ガムマンB
歩行石壁








エネ(14)吸い殻 を入手!
ヒトミ(283)美味しくない草 を入手!
レーコとピース(713)吸い殻 を入手!
ルリ(1507)美味しくない草 を入手!
レーコとピース(713)ねばねば を入手!
ヒトミ(283)ねばねば を入手!
ヒトミ(283)不思議な石 を入手!
エネ(14) を入手!

▼エイド化候補基本行動にてエイド化可能)
ヒトミ(283) のもとに 道端ガムマン が微笑を浮かべて近づいてきます。
ヒトミ(283) のもとに 歩行石壁 がゆっくりと近づいてきます。
レーコとピース(713) のもとに 道端ガムマン が恥ずかしそうに近づいてきます。






トラ(648) とカードを交換しました!

消去 (イレイザー)


アリア を研究しました!(深度0⇒1
イレイザー を研究しました!(深度0⇒1
クイックアナライズ を研究しました!(深度0⇒1





チナミ区 D-10(道路)に移動!(体調25⇒24
チナミ区 D-11(道路)に移動!(体調24⇒23
チナミ区 E-11(草原)に移動!(体調23⇒22
チナミ区 F-11(森林)に移動!(体調22⇒21
チナミ区 G-11(道路)に移動!(体調21⇒20













―― ハザマ時間が紡がれる。



ノウレット
「おっくれまして―――ッ!!」



ノウレット
ショートの金髪に橙色の瞳の少女。
ボクシンググローブを付け、カンガルー風の仮装をしている。やたらと動き、やたらと騒ぐ。



チャット空間に突如として現れたカンガルー姿の少女。



エディアン
「わぁぁ!!なんですなんですぅ!!!?」



エディアン
プラチナブロンドヘアに紫の瞳。
緑のタートルネックにジーンズ。眼鏡をかけている。
長い髪は適当なところで雑に結んである。



ノウレット
「はぁい!初めまして初めましてノウレットって言いまぁす!!
 ここCrossRoseの管・・・妖精ですよぉっ!!皆さんよろしくおねがいしまぁーっす!!」
エディアン
「初めまして初めまして!
 私はエディアンといいます、便利な機能をありがとうございます!」
ノウレット
「わぁい!どーいたしましてーっ!!」



元気よく両手両足を伸ばし空間を飛びまわる!



エディアン
「ノウレットさんもドライバーさんと同じ、ハザマを司る方なんですね。」
ノウレット
「司る!なんかそれかっこいいですね!!そうです!司ってますよぉ!!」



そう言ってフロントダブルバイセップス。



エディアン
「仄暗いハザマの中でマスコットみたいな方に会えて、何だか和みます!
 ワールドスワップの能力者はマスコットまで創るんですねー。」
ノウレット
「マスコット!妖精ですけどマスコットもいいですねぇーっ!!
 エディアンさんは言葉の天才ですか!?すごい!すごい!!」



ノウレット
「――ぁ、そうだ。そういえば告知があって出演したんですよぉ!!」
エディアン
「告知?なんでしょう??」
ノウレット
「はぁい!ここCrossRoseを舞台に、大大大大闘技大会をするのですっ!!
 両陣営入り乱れてのハチャメチャトーナメントバトルですよぉ!!」
エディアン
「ハチャメチャトーナメントバトル!楽しそうですねぇ!!」
ノウレット
「はぁい!たまには娯楽もないと疲れちゃいますのでッ!!」
エディアン
「そうですよねぇ。息抜きって大事だと思います。」
ノウレット
「はぁい!豪華賞品も考えてるんですよぉ!!」
エディアン
「賞品はあると燃えますね!豪華賞品・・・・・ホールケーキとか。」
ノウレット
「ホールケーキ!!1人1個用意しちゃいますっ!!?」
エディアン
「夢のようですね!食べきれるか怪しいですけど。」



賞品について何だか盛り上がっているふたり。



ノウレット
「・・・・・あ!でも開催はすぐじゃなくてまだ先なんです!!
 賞品の準備とかもありますしぃー!!」
エディアン
「わかりました、楽しみにしていますね。」
ノウレット
「はぁい!それでは!おったのしみにぃ――ッ!!!!」



チャットが閉じられる――














ワンワンらんどのヤバいやつら
ENo.14
縷々 エネ
ENo.283
黙し告げぬ天津風
ENo.713
レーコとピース
ENo.1507
翔洲 瑠莉
ハザマに生きるもの
歩行石壁
歩行石壁
ヤンキー
ちわわ




522 435



2nd
ヤンキー




5th
歩行石壁


6th
歩行石壁



8th
ちわわ







ENo.283
黙し告げぬ天津風
【イバラシティ】
イバラシティで『勇者』を自称する不良娘。
本名は「天津風ヒトミ」。黙し告げぬとは彼女の異名。
正義の名の下に悪を討ち、わるい人達に喧嘩を吹っ掛けて治安を守っている。
公認された治安部隊ではなく個人活動なのでただの喧嘩になっており、よく警察のお世話になっている。

座右の銘は『諦めなければ道は開く』

異能は『不撓不屈』
精神の発心。自他問わず心を前進させ、叱咤激励を与える。
要約すると、並外れた気合と根性で意志を強める異能。
気合で外れた関節を戻す、足が砕けても腕だけで前進するという「諦めなければ前に進める」「だから絶対に負けない」「最後は必ず自分が勝つ」を文句にした根性論を現実に引き起こす。

よく夕暮れ時の駅前や歓楽街の路地裏を徘徊している。
ストイックで挑発的な性格。口調は軽いが強い信念を持つ。
一人称は『ヒトミ』。たまにちゃん付けする。




【基本情報】
18歳女性。165cm
右側頭部から紫色の悪魔の角が生えている。山羊に近い形状で非常に堅牢、とても鋭い。生え変わりや脱皮はしない上、神経も通っていないので冷たい。
白髪のロングヘア。碧眼に白い肌と異邦人らしい容姿。
人ならざる容姿をしているものの『勇者』だから違うらしい。
「悪魔でも天使でもなく、ヒトミはヒトミ」とは当人の弁。

性格は『てきとう』。その場の状況によってノリが変動し、空気を読まない者がいれば無遠慮に舌打ちする。上下関係、親しさの有無に関わらず暴言を吐く。自分がその対象だった際も素直に謝ったり流したりと、かなりの気分屋。
義憤に駆られやすく、困っている人物がいれば助けたりもする。どのような手であれ利用するものは使い尽くすと公言して憚らないので非常識な行動も取りやすい。
全体的に軽率でチャラい言葉遣いが多く、今風の若者らしさ溢れる。
逆に誰が相手だろうと平等に接することを心掛けており、総合すれば表裏のない人物像と言える。




【ハザマ】
頭の両側頭部から角を生やした悪魔のような影を持つ片角の少女。影は『黙し告げぬ天津風』に沈み込み、時に這い出ては非対称的な姿を浮かび上がらせる。
彼女の正体は紛れもない『勇者』
『無間の世界』で魔王を討伐し、本物の勇者となった存在。
その世界では魔王が打倒されると、勇者以外の記録や情報の全てを更地にし、同じ人物で魔王に挑ませるという運命を科す。
悪魔の角は魔王の角。魔王を討伐した証として『勇者』が生まれ持つ実績。片角を持った少女は二周目での姿。影はいずれ訪れる成れの果てが『不撓不屈』で無理やり留まっている。
最強のボスを打倒し、あらゆる叡智と世界を踏破し、見慣れた結末を幾度も繰り返した末にアンジニティに堕とされた。
『二周目』と『成れの果て』は互いに意思疎通が可能。
容姿は影を除いてイバラシティと変化がないものの、こちらでの精神性はより強固になる。
どんな人物にも分け隔てなく対応し、諦めずに立ち向かい、理解させるために拳を振るうことも厭わない。
進むことを止めなければ、困難は踏破できると信じる限り。
20 / 30
17 PS
チナミ区
G-11
行動順4【特攻】AT・DX↑
4000
300







Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材・消耗の場合は詳細等)
1不思議な武器武器10【射程1】
2不思議な防具防具10
3不思議な装飾装飾10
4羨望と希望の心武器30攻撃10【射程1】
5【一周目】装飾30幸運10
6デトックス・ハーブティ料理30治癒10活力10鎮痛10
7不思議な食材食材10[効果1]治癒10(LV5)[効果2]活力10(LV10)[効果3]鎮痛10(LV15)
8駄石素材10[武器]活力10(LV20)[防具]敏捷10(LV20)[装飾]器用10(LV20)
9美味しくない草素材10[武器]麻痺10(LV30)[防具]風纏10(LV30)[装飾]闇纏10(LV30)
10ねばねば素材10[武器]攻撃10(LV10)[防具]敏捷10(LV10)[装飾]束縛10(LV25)
11不思議な石素材10[武器]回復10(LV5)[防具]敏捷10(LV5)[装飾]幸運10(LV5)
最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
武術5身体/武器/物理
幻術5夢幻/精神/光
使役10エイド/援護
料理20料理に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
バッシュ
(ブレイク)
5020敵:攻撃
ポイント
(ピンポイント)
5020敵:痛撃
クリック
(クイック)
5020敵2:攻撃
ボール
(ブラスト)
5020敵全:攻撃
ビンタ
(ヒール)
5020味傷:HP増
エキサイト5040敵:攻撃+自:AT増(1T)
シャイン5060敵貫:SP光撃&朦朧
ラッシュ5060味全:連続増
リフレクション5060自:反射
リフレックス5080味:AT・DX増(4T)
チャーム5040敵:SP光撃&魅了・混乱

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
攻撃550【戦闘開始時】自:AT増
防御550【戦闘開始時】自:DF増
器用550【戦闘開始時】自:DX増
敏捷550【戦闘開始時】自:AG増
回復550【戦闘開始時】自:HL増
活力550【戦闘開始時】自:MHP増
体力550【戦闘開始時】自:MSP増
治癒550【自分行動前】自:HP増
鎮痛550【被攻撃命中後】自:HP増
幸運550【戦闘開始時】自:LK増
魅惑550【常時】異能『使役』のLVに応じて、戦闘勝利時に敵をエイドにできる確率が上昇





被研究カード名/スキルEPSP説明
ブレイクアタック
(ブレイク)
020敵:攻撃
消去
(イレイザー)
0150敵傷:攻撃




[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 1 ]アリア[ 1 ]イレイザー[ 1 ]クイックアナライズ



PL / えーや