NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 1:00~2:00
[基本]OK. [戦闘]OK. [取引]OK. [スキル]OK. 






 黄昏時。誰そ彼時。あふまがとき―――逢魔が時。大禍時。
 夜の帳が世界を覆う前。薄暗くなって、近くにいる人の姿が識別しにくくなった時分のこと。
 物の怪や魔物に出遭う時間。異界と現実が繋がれ、大きな災禍をもたらす境目。
 隣にいたはずの誰か。声をかけたら振り向いたその相手は、もしかしたら。
 すでに自分の知っているはずの誰かではないかもしれない。




◆◆◆





ほかの世界からの侵略とか。そんなの、ふざけた誰かのいたずらだと思ってた。



 乾いた砂利を踏みしめる音。「殺せるわけない」と憤る少年の声が響き渡る。「なんでお前がそっち側にいるんだよ」と嘆く少年の声が響き渡る。二人が知っているということはおんなじソラコーの生徒なんだろう。
 それは移動教室の途中の廊下で。放課後に屋上から見下ろしたグラウンドで。あるいはほかのどこかで、すれ違っている生徒のひとりで。
 「傷付けるのが目的ではない」と目前の敵対者は言った。じゃあ―――じゃあ。それならなんで私たちはこうして今、互いに刃を突きつけあっているんだ。


「……っ」


 ―――ずきり。左脚に電流が走る。ぐ、と顔をしかめた。
 刃物そのものの鋭い一閃が薄い皮膚を裂いて、まばたき一つの刹那に鮮やかな赤が飛び散る。よそ見も物思いに耽る暇も許されはしない。彼らが本気なのだと悟るにはそれだけで充分だった。
 落としかけた視線をゆらりと上げると、少女は瞳を眇めてキッ、と前を見据えた。こちらは四人。対する相手も四人。一人だけ見た目は人間らしき者がいる。それ以外の三人は、およそ人とはかけ離れた影形の侵略者たち。


「……岬!」

「―――へ、」


 名前を叫ぶ声が聞こえてきたと同時に、重いなにかがぶつかる感覚。体が横に飛ばされる。
 直後の衝撃は、思ったよりやわく。反射的に硬く閉じた瞼をおそるおそる開けて体を起こして―――傍に立つ人物の顔を見上げてようやく、自分がかばわれたのだと気づいた。



                テッ ペン
『―――イバラシティ制覇してよ、んで頂点取って。そんで、社長になってさ。
 事故ンねぇ車と道路作ってイバラシティ…いや、世界中に広める。のが、俺の夢』




 心配する言葉とともに無事を確認して、すぐに離れていく背中。久しぶりに見る特徴的な金髪のリーゼントヘア。少女にとってはまだ新しく、もはや懐かしい心地のする記憶が呼び起こされる。
 高校の屋上で初めて出会ったときに少年が得意げに語ってみせた、壮大な将来の夢。そのときの彼の姿が眩しくて。少女は目を細めながらその光景を見ていたことを覚えている。


………けほっ


 まだ動ける。まだ立ち上がれる。
 相手は一人、膝をついた。こちらは四人とも満身創痍でも震える足でも、地を踏みしめてしがみついている。
 それでも増え続ける痛みと出血で足元はふらつき、視界は霞んでくる。左へ蹴ったはずの足がもつれて、危うくバランスを崩して転びかけた。すんでのところでかわしていた攻撃も、次第に体が重くて動けなくなってくる。


―――あは。


 自分から前線に立つと希望したのだ。自業自得でしかない。衰える気配のない攻撃の中、徐々に麻痺する思考の隅で、嘲るもう一人の自分を少女は感じていた。
 これでいい、と思う。傷つくのなら自分が一番適役なのだ。
 ヒュ、と空を切る音が鼓膜を揺らす。ひとつ、ふたつ。
 避けようとするも反応が間に合わない。二閃、鈍く光る切っ先をその身に受けて、みっつめを聞くまでに至らず。

  結 乃
 少女の意識は、そこで途切れた。



The Evening3.


(今回PTMであるEno.150,Eno.428さん、前回デュエルのお相手だったEno.513さんの戦闘中のセリフと、 
 テストプレイでのEno.150さんとの会話の一部をお借りしました……!)







結乃
「……い゛っ……たた……………」

「…………」

残してしまった唐揚げを、申し訳なさそうな顔でラップに包んでいる………。

ENo.35 一深 とのやりとり

一深
「な、泣かないし。前みたいには...

一深
「というかアンタは、『覚えている』の?
だったら話は早いんだけど。アタシの姉はアンジニティ、それは変わってない

変わった所って言えば、」

ピスク
「『最初』から私が居る事カナー?お友達?向こうではまだ紹介して貰ってないよねー

【通信に割り込んできた少女。一深と似た髪色で、見える体のつくりは明らかに人とは違う、関節】」

一深
邪魔っ!!!!

【画面はじに追いやる様にとの攻防の様子が画面から見えるのであった】」


ENo.150 泥蘇光悪渡 とのやりとり

泥蘇光悪渡
「岬!! マジで無事で良かった!!!!

……俺も、岬の元気な顔見たら安心したよ。あの赤いのみてェなのにヤラレてンじゃねェかって…怪我してンじゃねェかってスゲェ心配でさ!!

《歩み寄ってきた結乃の姿に安堵した表情を見せる。》」

泥蘇光悪渡
「ああ、勿論!! 俺、事故で悲しい顔する奴を一人でも減らしてェンだ!!!
だからこんな侵略戦争とかさっさと終わらせてイバラシティに帰……

《結乃の次に続く言葉に目を丸くする》

……ッンな事出来るかよ!! だって、岬は女の子で、異能とか、猫と話す事だし……俺、今ヒーローだから、守るのは俺の仕事だから岬こそ俺の後ろで援護してくれよ!!! 俺、岬に、何かあったら耐えられねェし…ッッ、伊藤君にも声かけたから大丈夫だって……

《時間は話す加唐を待ってはくれない。敵はすぐ、そこまで来ていた》」


ENo.266 うさ子 とのやりとり

莉稲
「よかったよう〜。いまね、ZOOの子とかね、知ってる子とか見つけたら連絡してるんだ。
 わたしね、ここに来てからふしぎと調子がよくって〜、立てちゃいました! えへへ」

莉稲
「こっちの子はね、うさ子ちゃん! 強くてかわいい魔法少女なんだよ!

曇りなき眼で紹介する。

うさ子
「あッ……ご、ご紹介に与りました因幡うさ子と申します! ま、魔法少女……で、莉稲お姉ちゃんとはさっき出会ッたばかりです。
 一緒に居た方が安全なので、こうしてお隣に……」

並んだ二人の顔つきはほんのりと似ていた。


ENo.363 エミュレッタ とのやりとり

エミュレッタ
「……。
ごめんね、あの子の代わりが"私(侵略者)"で……。」

それだけ言うと、顔をうつむかせ。

「……どれだけ顔や声を真似て、記憶を辿っても。
それだけは言ってあげれないな……。」

エミュレッタ
「……。
私がアンジニティに加担する理由……?
決まってるだろ、君たちと同じさ。
帰りたい世界、いや……。行きたい世界がある。
でも、私がいるアンジニティって世界じゃその願いは叶えれないんだ。
だから、こちらについてる。」

エミュー
「……とまあ、それっぽいこと言ったけど、所詮私達は侵略者さ。」

エミュレッタ
「いい?結乃さん、私達(侵略者)なんかに負けちゃダメだよ?
君の笑顔を、あの子にまた見せてあげて。
きっと、とっても喜ぶと思うから。」


ENo.428 晴 とのやりとり

「こんな時でも岬さんは元気だな・・・。」

呆れるというわけではなく少し乾いた笑いをしながら



「ははっ。本当に、ヒモにでもなって助かれればいいのにな。

いや、今じゃ岬さんや加唐くん。イーサンに頼りっきりだからヒモと変わらないか。

悪いけど・・・これからも頼むよ」


ENo.545 ハルキ/ユイカ とのやりとり

東堂玄樹
「岬大丈夫か?
……お前は心優しいから危険なことになってないか割と心配でな」


ENo.612 チホ とのやりとり

チホ
「…お、ノイズが無くなった。
そっか、ちゃんと誰かと一緒にいるんだ。よかったよかった。」

チホ
「…うん、みさきちが覚えてる通り、ギンコ先輩の事もあるんだけど…
それ以外にもさ、ウチ、アンジニティに大切な人が沢山いるからさ。
どうにかこうにか、皆揃ってイバラシティに帰れる方法ないかなって探しに行くとこ。」

チホ
「出発から大分経っちゃったし、ちょっと誰かと合流ってのはもう無理そうだけど…
うん、ウチもみさきちには連絡入れるようにするわ。」

チホ
「…あ、そうだ。
久しぶりにさ、またみさきちの作った料理、食べたいな。」


以下の相手に送信しました

ENo.33
ねむり
ENo.353
にわとり
ENo.546
不幸喰らい
ENo.565
戌亥縫
ENo.968
緋染の白花
ENo.1159
万智花





泥蘇光悪渡
「岬、伊藤君、イーサン。 俺もやっと覚悟決めたぜ。」
泥蘇光悪渡
「俺にはコレしか脳がねェ… なら」
泥蘇光悪渡
「ヤる事ァ最初から決まってンだ!!」
泥蘇光悪渡
「俺の名前は外道ヒーロー『泥蘇光悪渡・悪漢(ディスコード・バッドガイ)』

回復上等!!!
テメェらの命全力で預かってやるぜ!!!

(ガーゼだったり、ぐるぐる巻きの白い布だったり。
 ……それらのほとんどは寒さを凌ぐための厚い生地の下に隠れて見えない。
 かろうじてスカートとハイソックスの間の肌に貼られた絆創膏が目立つくらいだ。)
結乃
「お待たせぇ~。アゲハくんが作ってくれた唐揚げのおかげで、
 ケガしたとこもあっという間に治ってばっちり元気だよぅ~」

――それはまるで、遊びに出掛ける待ち合わせに合流したときのような朗らかな笑顔で。


「ごめん。離れてしまって。/1/もう大丈夫だからさ!みんなでアンジニティどうにかしようぜ!!」















【問】iまでの距離を求めよ
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428

ハザマに生きるもの
ピクシーA
ピクシーB
ちわわA
ちわわB
















【問】iまでの距離を求めよ
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428

TeamNo.322
ENo.322
百華
ENo.582
リョウ
ENo.890
星を背負う影
ENo.951
アリスリアラ







ヤンキー をエイドとして招き入れました!

伊予島(868) から 10 PS 受け取りました。

「はい確かに。こっちが代金よ、確認して。」

「にしても助かったわ…急に入用でね。
代わりと言っちゃなんだけど、あんたの事は周りにも宣伝しといてあげる。
  『その辺の雑草からショートケーキを作った女がいる』ってね。」

「くっくっ…何よその顔。事実でしょ?」
(とは言え、他の材料はいくらか用意して渡してもいたのだろう、きっと。)

領域LV5 UP!(LV0⇒5、-5CP)
料理LV5 UP!(LV25⇒30、-5CP)

クロウ(631) の持つ ItemNo.9 美味しい果実 から料理『酢豚弁当』をつくりました!
伊予島(868) の持つ ItemNo.9 美味しい草 から料理『いちごのショートケーキ』をつくりました!

草原よもぎ(317) とカードを交換しました!

地震 (グランドクラッシャー)


サモン:サーヴァント を研究しました!(深度0⇒1
サモン:サーヴァント を研究しました!(深度1⇒2
サモン:サーヴァント を研究しました!(深度2⇒3

リフレクション を習得!
デッドライン を習得!
プロテクション を習得!
クイックレメディ を習得!

◇通常獲得:各CP・FPが5増加した!






泥蘇光悪渡(150) を入手!
イルハ(324)花びら を入手!
ユイノ(388) を入手!
晴(428)白石 を入手!
ユイノ(388)不思議な雫 を入手!
泥蘇光悪渡(150)不思議な雫 を入手!
泥蘇光悪渡(150) を入手!
イルハ(324) を入手!






チナミ区 E-13(草原)に移動!(体調21⇒20
チナミ区 F-13(山岳)に移動!(体調20⇒19
チナミ区 G-13(山岳)に移動!(体調19⇒18
チナミ区 H-13(草原)に移動!(体調18⇒17
チナミ区 I-13(道路)に移動!(体調17⇒16







>> これまでのあらすじ


―― ハザマ時間が紡がれる。

 


ノウレット
「またまたこんにちは―――ッ!!」

ノウレット
ショートの金髪に橙色の瞳の少女。
ボクシンググローブを付け、カンガルー風の仮装をしている。やたらと動き、やたらと騒ぐ。


 


白南海
「・・・っつぅ・・・・・また貴方ですか・・・
 ・・・耳が痛くなるんでフリップにでも書いてくれませんかねぇ。」

ノウレット
「はぁい!イヤですッ!!」

白南海
「Yesなのか、Noなのか・・・」


ため息をつく。

 


白南海
「それで、自己紹介の次は何用です?」

ノウレット
「はぁい!今回はロストに関する情報を持ってきましたよーッ!!」

白南海
「おぉそれは感心ですね、イルカよりは性能良さそうです。褒めてあげましょう。」

ノウレット
「やったぁぁ―――ッ!!!!」

白南海
「だから大声やめろおぉぉぉクソ妖精ッッ!!!」


 


ノウレット
「早速ですが・・・・・ジャーンッ!!こちらがロスト情報ですよー!!!!」


Cross+Roseにロスト7名の容姿と簡単なプロフィールが映し出される。

 

アンドリュウ
紫の瞳、金髪ドレッドヘア。
体格の良い気さくなお兄さん。
料理好き、エプロン姿が何か似合っている。

ロジエッタ
水色の瞳、菫色の長髪。
大人しそうな小さな女の子。
黒いドレスを身につけ、男の子の人形を大事そうに抱えている。

アルメシア
金の瞳、白い短髪。褐色肌。
戦闘狂で活動的な少女。
鎧を身につけハルバードを持っている。

ソージロウ
黒い瞳、黒いもじゃもじゃ頭。
常にダルそうな猫背で長身の青年。
デニムパンツにTシャツを着ている。

フレディオ
碧眼、ロマンスグレーの短髪。
彫りが深く、男前な老翁。
黒のライダースジャケットを身に着けている。

ミヨチン
茶色の瞳、桜色のロング巻き髪。
ハイパーサイキックパワーJK。
着崩し制服コーデ。

マッドスマイル
乱れた長い黒緑色の髪。
両手に紅いナイフを持ち、
猟奇的な笑顔の仮面をつけている。


 


白南海
「ほぅほぅ、みな人間・・・のような容姿ですね。ハザマの様子的に意外なようでもあり。
 彼らの願望を叶えると影響力が上がり、ハザマでの力も高めてくれる・・・と。」

白南海
「どんな願望なのやら、無茶振りされないといいんですが。
 ロストに若がいたならどんな願望もソッコーで叶えに行きますがね!」

ノウレット
「ワカは居ませんよ?」

白南海
「・・・わかってますよ。」

白南海
「ところで情報はこれだけっすか?クソ妖精。」

ノウレット
「あだ名で呼ぶとか・・・・・まだ早いと思います。出会ったばかりですし私たち。」

白南海
「ねぇーんですね。居場所くらい持ってくるもんかと。」


 


白南海
「ちなみに、ロストってのは何者なんで?
 これもハザマのシステムって解釈でいいのかね。」

ノウレット
「ごめんなさい!私はCross+Roseの妖精なのでハザマのことはよくわかりません!!
 Cross+Roseに送られた情報を伝えることしか・・・・・」

白南海
「・・・まぁそーか。仕方ないが、どうも断片的っすねぇ。」


 

 


白南海
「そんじゃ、チェックポイントを目指しがてらロスト探しもしていきましょうかね。」

ノウレット
「レッツゴォォ―――ッ!!!!」


 

大きな打撃音と泣き声と共に、チャットが閉じられる――












神も仏もあるもんか
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428

ハザマに生きるもの
大黒猫
ハニワ
大黒猫
歩行石壁




433 456


1st
大黒猫


2nd
ハニワ


3rd
大黒猫





7th
歩行石壁


8th


















ヒーローと愉快な仲間たち~オバケもいるよ~
ENo.44
南天
ENo.47
蒜手
ENo.79
ミロ
ENo.95
暁人
神も仏もあるもんか
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428





146 536









8th








ENo.388
岬 結乃
岬 結乃<Misaki Yuino>
Sex:Female Height:162cm Weight:54kg

 相良伊橋高校の2年生。文系クラス。
イバラシティ外の出身で、現在は学生寮で一人暮らしをしている。
 言語系が得意な反面、理数系は苦手。運動音痴。
なお、水泳の授業は1年の頃から一貫して見学・教室自習組。
 部活は美術部所属で、絵画よりも造形に力を入れている。

 昼休みは校舎内よりも、外のベンチや屋上などで過ごしていることが多い。
散歩やショッピングが趣味で、放課後にふらふら散策している姿を見かけることもあるだろう。
 特に焼き菓子が好物で、カバンの中には常に菓子類が入っている。
誰にでもふわ~っと近寄っていって手持ちの菓子を差し出す、そんな性格。

 自分の異能に関して積極的に話すことはなく、
尋ねられても、多くの場合は「秘密」「内緒」と答えている。
それでも粘り強く聞いてきたほんの一部の相手には、「猫と話すことのできる異能」と答えているようだ。
 ―――もし「異能を見通す」異能を持つ者がいれば、彼女の言葉が真実か否か、判別することができるだろう。

寮の自室→http://lisge.com/ib/act_place.php?p=552
連絡先→http://lisge.com/ib/talk.php?p=810


◇◆◇◆◇


・既知設定と交流歓迎。遅レス、置きレス多めです。
・テストプレイでの出来事は引き継いでいたりいなかったり。
・何かありましたらお気軽にCross+Roseからご連絡下さい。

*テストプレイ時の、トークの一部のログはこちらに(※名前で整理していません)→https://onedrive.live.com/?authkey=%21APkjo5tAwn%5F%5FsOA&id=17ED7F25C157639F%21765&cid=17ED7F25C157639F

プロフィール画像は二種。
バンダナとエプロン姿の素敵なイラストは、Eno.103のPL様に描いていただきました!
16 / 30
91 PS
チナミ区
I-13
行動順5【順応】AT・DF・DX・HL↑
5000
350







【うちの子】貸し借りOKコミュ
5
ログまとめられフリーの会
相良伊橋高校
19
変調コミュニティ『有害物指定』
6





No.1 ヤンキー (種族:ヤンキー)
要求SP541
MHP2634MSP243
▽効果 射程1
地撃10 攻撃10 地纏10 反地10 耐疫10 気合10
被研究スキル名LVEPSP説明
グランドクラッシャー50160敵列:地撃
アイアンナックル50100敵:地撃&DF減
ブレイク5050敵:攻撃
猛攻550【戦闘開始時】自:AT・DX増
地の祝福550【戦闘開始時】自:自然LVが高いほど地特性・耐性増
血気540【戦闘開始時】自:現在HP割合が低いほど攻撃ダメージ増
先制560【戦闘開始時】自:連続増
最大EP[20]




Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材の場合は詳細等)
1不思議な武器武器10【射程1】
2不思議な防具防具10
3不思議な装飾装飾10
4拾ったフライパン武器35攻撃10【射程1】
5相良伊橋高校の制服防具30防御10
6キャラメルシュークリーム料理30器用10敏捷10耐疫10
7不思議な食材食材10[効果1]器用10(LV5)[効果2]敏捷10(LV10)[効果3]耐疫10(LV15)
8花びら素材10[武器]混乱10(LV25)[防具]舞魅10(LV10)[装飾]祝福10(LV20)
9素材10[武器]束縛10(LV25)[防具]命脈10(LV25)[装飾]回復10(LV10)
10不思議な石素材10[武器]回復10(LV5)[防具]防御10(LV5)[装飾]幸運10(LV5)
11素材10[武器]朦朧10(LV20)[防具]体力10(LV10)[装飾]増勢10(LV25)
12不思議な雫素材10[武器]水纏10(LV20)[防具]敏捷10(LV10)[装飾]耐水10(LV20)
[出現付加の効果一覧] 最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
呪術15呪詛/邪気/闇
変化5強化/弱化/変身
百薬5化学/病毒/医術
領域5範囲/法則/結界
料理30料理に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
かばんスイング
(ブレイク)
5050敵:攻撃
古語辞典アタック
(ピンポイント)
5050敵:痛撃
クイック5050敵:3連撃
ブラスト5050敵全:攻撃
ヒール5050味傷:HP増
ドレイン5050敵:攻撃&味傷:HP増
彫刻刀投擲
(ペネトレイト)
5050敵貫:痛撃
謎の液体入りスプレー
(スイープ)
5050敵列:攻撃
オモイオモイ
(カース)
5050敵:闇撃&束縛
サステイン5050敵:攻撃&味傷:守護
フライパンガード
(ガードフォーム)
50100自:DF増
練3特製ゆずミントティー
(ヒールポーション)
5050味傷:HP増+猛毒減
リフレクション5050自:反射
変色したどろどろの物体
(ペレル)
6060敵:闇痛撃&猛毒・衰弱・麻痺
???
(ラトゥンブロウ)
5050敵強:闇撃&腐食+敵味全:腐食
ポイズン5080敵:猛毒
デッドライン50100敵列:闇痛撃
ウィークネス5080敵:衰弱
プロテクション5080自:守護
クイックレメディ50100味傷:HP増+自:混乱+連続増
失敗作のスープ
(ダークネス)
50100敵列:闇撃&盲目

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
一心不乱
(猛攻)
550【戦闘開始時】自:AT・DX増
状況把握
(堅守)
550【戦闘開始時】自:DF・AG増
猪突猛進
(攻勢)
550【戦闘開始時】自:AT増+DF減
拒む心
(守勢)
550【戦闘開始時】自:DF増+AT減
献身550【戦闘開始時】自:HL増+LK減
一歩前へ
(太陽)
550【戦闘開始時】自:MHP・HATE増
隠者550【戦闘開始時】自:MSP増+HATE減
練3???
(闇の祝福)
550【戦闘開始時】自:呪術LVが高いほど闇特性・耐性増
最大EP[20]




被研究カード名/スキルEPSP説明
『誰かに送るバレンタインチョコ』
(ヒール)
050味傷:HP増
まろやか謎ビーム
(ディベスト)
070敵:強化奪取+痛撃
地震
(グランドクラッシャー)
0160敵列:地撃





[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 1 ]コントラスト[ 1 ]ブレス[ 3 ]サモン:サーヴァント
[ 1 ]パワフルヒール[ 3 ]グランドクラッシャー



PL / 姫桜