NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 0:00~1:00
[基本]OK. [戦闘]OK. [取引]OK. [スキル]OK. 




リンカ
「ねぇねぇ、リンカイザー?」
リンカイザー
「なにかな、リンカ。」
リンカ
「どうしてリンカイザーは私と同じ顔なんすか?」
リンカイザー
「ワタシはリンカと同じ顔をしているのか。」
リンカ
「そーっすよ!同じ顔っす!この顔っす!」
リンカイザー
「なるほど、この顔か。」
リンカ
「うんッ!」
リンカイザー
「ワタシにもなぜこの顔なのかは分からない、リンカが望んだ顔とかではないのかな?」
リンカ
「私が望んだ顔っすか…?」
リンカイザー
「そう、そもそもワタシを認識できるのはリンカだけだしね。」
リンカ
「そうっすね、別次元に居るリンカイザーと青春ズッ友テレパシーで繋がるのが私の異能っす。」

(青春ズッ友テレパシー…?)

リンカイザー
「正確にリンカの異能はそういう力ではないのだけど、ワタシと繋がるという点では間違っていないので置いておこう。
今のワタシはリンカの求めに応えている部分が大きい。
だからこの姿もリンカの望んだものなんだと思っている。」
リンカ
「よく分からないっす…!」
リンカイザー
「そうだなぁ。ワタシにして欲しいことやワタシと一緒にしたいこと、そういうものはないのかな?」
リンカ
「したいこと…。したいこと…。」
リンカイザー
「…おや?」
リンカ
「ふ、服を着てるっす!!」
リンカイザー
「その言い方だと今まで裸だったみたいじゃないか。」
リンカ
「裸ではなかったっすけど、水着みたいな服を着てたっすよ!」
リンカイザー
「…なぜワタシは水着みたいな服を着ていたんだろう。
それは置いておいて、何か自分の姿に求めるものがあったりするのかな?」
リンカ
「自分の姿っすか…。」
リンカイザー
「うん、なんでもいいんだよ。
例えば変身ヒーローになった自分を思い描いたとか、そういうのでも構わない。」
リンカ
「ふむぅ。」
リンカイザー
「ないかな?」
リンカ
「あっ!」
リンカイザー
「あった?」
リンカ
「私、妹が欲しかったんすよ!」
リンカイザー
「…妹?」
リンカ
「妹っす!お揃いコーデしてみたかったんすよ!!」
リンカイザー
「…姉ではなくて?」
リンカ
「妹っすよ!」
リンカイザー
「姉の方が欲しいよね?」
リンカ
「妹っす。リンカお姉ちゃんって呼ばれたいっす。
呼んでもいいっすよ?」
リンカイザー
「待つんだ、リンカ。
ワタシはどう見ても姉じゃないだろうか?」
リンカ
「妹っす。」
リンカイザー
「姉だとおも」
リンカ
「妹っす。」
リンカイザー
「姉。」
リンカ
「妹。」
リンカイザー
「姉。」
リンカ
「妹。」
リンカイザー
「……。」
リンカ
「……。」
リンカイザー
「あ」
リンカ
「妹っす。」
リンカイザー
「……。」
リンカ
「……。」
リンカイザー
「ん?」
リンカ
「妹。」
リンカイザー
「違う。」
リンカ
「違わないっす。」
リンカイザー
「そうじゃなくて…。
何かがこちらに向かってくる、戦闘準備を。
もしかしたらアンジニティかもしれない。」
リンカ
「分かったっす!妹にいいとこ見せるっすよ!!
リンカライズ!コネクト・リンカイザー!!」



リンカイザー
「無理は禁物だ、いいね?
LINKERISE CONNECT LINKAISER…。」



リンカ
「アンジニティーなんてリンカお姉ちゃんがタピオカアンジニティーにしてやるっす!」
リンカイザー
「タピオカがないから作れないよ。」
リンカ
「さっき倒した赤いぶよぶよでいいんじゃないっすか?」
リンカイザー
「お腹こわ」
リンカ
「妹であるリンカイザーにプレゼントするっす!!」

(ワタシに…飲めと……?)







ENo.1154 剣魔 とのやりとり

剣魔
「あなたは……ヒノデ倉庫で見かけた……?」
剣魔
「下がって、慣れるまで。荒事は任せて。」


以下の相手に送信しました

ENo.24
バケツヘルム卿
ENo.431
ミハクサマ





バケツヘルム卿
合流できたな!さあて、ここから快進撃と行こうか皆!いとはは肩に

リンカ
「よろしくっすよ!一緒に戦うっす!!」

ミハクサマ
「カミセイ区の様子も気になるが、我が神社がある地、きっと大丈夫だし。」
ミハクサマ
「皆の住む地を確認しようし。」

ああ、後ろは頼むわね。前は任せて。

ItemNo.6 特製オムライス を美味しくいただきました!
 体調が 1 回復!(25⇒26
 今回の結果でのスキル熟練度が伸びやすくなった!















ミハクサマ親衛隊
ENo.24
バケツヘルム卿
ENo.420
リンカ
ENo.431
ミハクサマ
ENo.1154
剣魔
ハザマに生きるもの
道端ガムマン
大黒猫
歩行小石
ヤンキー
















ミハクサマ親衛隊
ENo.24
バケツヘルム卿
ENo.420
リンカ
ENo.431
ミハクサマ
ENo.1154
剣魔
ホップ・ステップ・厄悪
ENo.168
――
ENo.402
ジャックドゥ
ENo.674
[B.F.M.]
ENo.710
まなちゃん







武術LV5 UP!(LV15⇒20、-5CP)
武器LV5 UP!(LV10⇒15、-5CP)

バケツヘルム卿(24) により ItemNo.5 不思議な石 から防具『簡単なフィストカバー』を作製してもらいました!
 ⇒ 簡単なフィストカバー/防具:強さ35/[効果1]防御10 [効果2]- [効果3]-/特殊アイテム
バケツヘルム卿
「簡単な貼り付けメリケンサックだ、まあないよりいいだろう」

ミーニャ(430) により ItemNo.7 不思議な食材 から料理『若鶏の唐揚』をつくってもらいました!
 ⇒ 若鶏の唐揚/料理:強さ35/[効果1]器用10 [効果2]敏捷10 [効果3]耐疫10
ミーニャ
「スーパーでは諦めたけど、唐揚げならいつでも作るよ!」

蒜手(47) とカードを交換しました!

【思慕】イベリスの思い出 (クイックレメディ)


イレイザー を研究しました!(深度0⇒1
イレイザー を研究しました!(深度1⇒2
イレイザー を研究しました!(深度2⇒3

ハードブレイク を習得!

◇通常獲得:各CP・FPが5増加した!






バケツヘルム卿(24)パンの耳 を入手!
リンカ(420)美味しくない草 を入手!
ミハクサマ(431)美味しくない草 を入手!
剣魔(1154)吸い殻 を入手!
バケツヘルム卿(24)ねばねば を入手!
リンカ(420) を入手!
バケツヘルム卿(24)不思議な石 を入手!
ミハクサマ(431) を入手!






バケツヘルム卿(24) に移動を委ねました。

チナミ区 J-6(沼地)に移動!(体調26⇒25
チナミ区 J-7(沼地)に移動!(体調25⇒24
チナミ区 K-7(森林)に移動!(体調24⇒23
チナミ区 L-7(森林)に移動!(体調23⇒22
チナミ区 M-7(山岳)に移動!(体調22⇒21







>> これまでのあらすじ


―― ハザマ時間が紡がれる。

 



「おっくれまして―――ッ!!」

ノウレット
ショートの金髪に橙色の瞳の少女。
ボクシンググローブを付け、カンガルー風の仮装をしている。やたらと動き、やたらと騒ぐ。


 


ノウレット
「はぁい!はじめましてーッ!!私はここCross+Roseの管・・・妖精!
 ノウレットでーっす!!皆さんよろしくおねがいしまぁーっす!!」


チャット空間に突如として現れたカンガルー姿の少女。

 


白南海
「・・・・・。管理用アバター・・・ですかね。」

ノウレット
「元気ないですねーッ!!死んでるんですかーッ!!!!」

白南海
「貴方よりは生物的かと思いますよ。
 ドライバーさんと同じく、ハザマの機能ってやつですか。」

ノウレット
「機能なんて言わないでください!妖精です!!妖精なんですッ!!」

ノウレット
「Cross+Roseのことで分からないことは何でも聞いてくださいねーっ!!」

白南海
「あぁ、どっちかというとアレですか。"お前を消す方法"・・・みたいな。」

ノウレット
「よくご存知でーっ!!そうです!多分それでーっす!!!!」


元気よく両手両足を伸ばし空間を飛びまわる!

 


ノウレット
「えーっとそれでですねーッ!!」


 


ノウレット
「・・・・・あれっ 創造主さまからメッセージが!」

白南海
「おや、なんでしょうね。」


 

 

・・・姿を現すことなく、女性のような声が伝わる。



「――お疲れ様です御二方。役目を担ってくれて、感謝しています。」

白南海
「担うも何も、強制ですけどね。報酬でも頂きたいくらいで。」


 



「そしてハザマに招かれた方々、申し訳ありません。」


「・・・・・・・・・」


 



「このワールドスワップという能力は、招かれた方々全員が――ザザッ・・・」


「――失われ、そう――ザザッ・・・――周期的に発動する、能力というより・・・」


「制御不能な・・・呪いのよう。今までに発動した数度、自分への利は・・・ない。」


 



「・・・・・・・・・」


ため息のような音が漏れる。

 



「どうか、自らが自らであ―― ザザッ・・・」

白南海
「・・・・・?」


 



「――ザザッ・・・・・・・・己の世界のために、争え。」


 

 

声はそこで終わる。

 


白南海
「何だか変なふうに終わりましたねぇ。」

ノウレット
「そうですかーっ!!?そうでもないですよーっ!!!?」


 


白南海
「どーも、嫌な予感が・・・ ・・・いや、十分嫌な状況ではありますがね。」

白南海
「・・・・・ま、とりあえずやれることやるだけっすね。」


 

チャットが閉じられる――












ミハクサマ親衛隊
ENo.24
バケツヘルム卿
ENo.420
リンカ
ENo.431
ミハクサマ
ENo.1154
剣魔
ハザマに生きるもの
オオホタル
スケルトン
土偶
ハニワ




455 346


1st
土偶


2nd
ハニワ





6th
スケルトン


7th
オオホタル


















ミハクサマ親衛隊
ENo.24
バケツヘルム卿
ENo.420
リンカ
ENo.431
ミハクサマ
ENo.1154
剣魔
欠けた蜜蝋
ENo.257
白の書物:カスミ
ENo.949
ミドリヤマ
ENo.1034
藍浦英里織
ENo.1262
ヴェイナス




216 664















ENo.420
空友リンカ
【名前】 空友リンカ / そらとも りんか
【性別】 女
【年齢】 16
【身長】 144cm

【サブ】 リンカイザー
【異能】 LINKAISER

幼少のリンカが幼稚園で食べたマヨネーズのあまりの美味しさに感激し、嬉しそうに話す姿に、醤油こそ至高、全ての食べ物は醤油で美味しく頂かなければならないと信じる母、空友エイリは激怒した。
その日を境に優しい味だった母の料理は、子供が食べることを考えていない激辛料理へと変わり、楽しみだったランチタイムは恐怖の時間となってしまう。
毎日出される頭が痛くなるような辛さの食事に耐え続ける中で、自分の食べたいものを食べてもいい、そう言って守ってくれる誰かが欲しいと願い繋がった存在、それが鋼鉄の装甲を自身に与えてくれる守護者『LINKAISER(リンカイザー)』である。

以降母の異能とも対等に戦うことができるようになり、自分を救ってくれた存在であるリンカイザーを神様と崇めていたが、リンカイザーからは友人として繋がりたいと言われ、悩んだ末、現在は友達となっている。

しかしリンカの異能は『自身の敵となる者を打ち倒す武器や身を守る為の装甲を作り出す能力』でしかなく、リンカに優しく話しかける友人としてのリンカイザーは、母への恐怖と苦痛から逃れる為に生み出してしまった空想上の『友達』である。


----Prologue----

「今日はこれくらいで許してあげるっすよ!!」

爽やかな朝、1日を頑張る為の朝食である目玉焼きに醤油をかけた悪魔は討たれた。
顔をマヨネーズで真っ白にコーティングされた悪魔――母親を見下ろしながら、私たちは戦利品として財布から6万円を奪い、家を出た。

『これからどうするんだい?』
「何も考えてないっすけど、とりあえず家出して二人で暮らすのはどうっすか!」

1日でお小遣い1年分の大金を手に入れてしまったからだろうか、今なら友達と二人で生きていける、そんな気がしていた。
でも友達はそうは思っていなくて…。

『6万円で生きていくのは厳しいと思うよ、リンカ。』
「足りないっすかね…?」
『まず住むところ。』
「月3万円のところなら2ヵ月分の家賃にはなるっすよ!」
『2ヵ月間、何も食べずに生きることは不可能だよ。』
「あっ…。」

私の友達であるリンカイザーは、いつも私を一番に考えながら、出来ること、出来ないことをハッキリと言ってくれる。
そのリンカイザーが厳しいと言ってるのだから、きっととても大変なんだと思う。
でも、私は…。

「自由が欲しいっす…。」
『自由?』
「うん。毎朝醤油をかけられないように目玉焼きを守りながらご飯を食べるんじゃなくて、自分の好きなものを、マヨネーズをかけて食べる自由が欲しいっす。」

明日も、明後日も、この料理は辛くないのかなって不安になりながら食べるご飯は嫌だ。
これ美味しいっすよ、そう言って笑いながらご飯が食べたい。

『分かった、家出をしてみよう。』
「いいんすか?」
『不安ではある、でもリンカは一人じゃない。ワタシがいる。一人では無理でも二人で考えれば何かいい案が出てくるものだよ。』
「…リンカイザー、ありがとっすよ。」

リンカイザーは例え私が間違っているとしても、私の、私だけの味方をしてくれる。
この世界でたった一人の私の友達。
きっとリンカイザーと一緒なら生きていける。
私はあの家を出ても生きていけるんだ!

『まぁ、お金がなくなって困ったら、また空友エイリの財布から奪えばいいしね。』
「それもそうっすね!」


PL:@rinka1223_eco
21 / 30
36 PS
チナミ区
M-7
行動順4【特攻】AT・DX↑
4500
325







Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材の場合は詳細等)
1不思議な武器武器10【射程1】
2不思議な防具防具10
3不思議な装飾装飾10
4リンカイザーアームⅡ武器20攻撃10【射程3】
5簡単なフィストカバー防具35防御10
6美味しくない草素材10[武器]耐疫10(LV30)[防具]体力10(LV30)[装飾]強靭10(LV30)
7若鶏の唐揚料理35器用10敏捷10耐疫10
8素材10[武器]束縛10(LV25)[防具]命脈10(LV25)[装飾]回復10(LV10)
[出現付加の効果一覧] 最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
武術20身体/武器/物理
変化5強化/弱化/変身
武器15武器作製に影響
付加10装備品への素材の付加に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
リンカニック・ブレイク
(ブレイク)
5050敵:攻撃
L・ピンポイントアタック
(ピンポイント)
5050敵:痛撃
リンカニック・クイック
(クイック)
5050敵:3連撃
リンカニック・ブラスト
(ブラスト)
5050敵全:攻撃
装甲修復リンカイザー
(ヒール)
5050味傷:HP増
リンカニック・ドレイン
(ドレイン)
5050敵:攻撃&味傷:HP増
リンカニック・ペネトレイト
(ペネトレイト)
5050敵貫:痛撃
リンカニック・スイープ
(スイープ)
5050敵列:攻撃
決3リンカニック・ストライク
(ストライク)
5050敵:攻撃+自:連続減
リンカイザー・ガードフォーム
(ガードフォーム)
50100自:DF増
リンカニック・ブレイク(L)
(クリーンヒット)
5060敵:痛撃&次与ダメ減
決1リンカニック・ブレイクⅡ
(チャージ)
50100敵:4連鎖撃
決3リンカニック・イレイザー
(イレイザー)
50100敵傷:攻撃
決2ハードブレイク51120敵:攻撃

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
猛攻550【戦闘開始時】自:AT・DX増
堅守550【戦闘開始時】自:DF・AG増
攻勢550【戦闘開始時】自:AT増+DF減
守勢550【戦闘開始時】自:DF増+AT減
献身550【戦闘開始時】自:HL増+LK減
太陽550【戦闘開始時】自:MHP・HATE増
隠者550【戦闘開始時】自:MSP増+HATE減
最大EP[20]




被研究カード名/スキルEPSP説明
スイングサイス
(ピンポイント)
050敵:痛撃
【思慕】イベリスの思い出
(クイックレメディ)
0100味傷:HP増+自:混乱+連続増





[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 3 ]カウンター[ 3 ]イレイザー



PL / 凛架