NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 2:00~3:00
[基本]OK. [戦闘]OK. [取引]OK. [スキル]OK. 




あの戦闘から少し時間が経った。

あれを乗り越えて俺はまだ歩いている。周りのみんなも一緒に。

乗り越えることなんてきっとできない。だって・・・友人を倒したんだから。


わかってはいた。覚悟はしていたつもりだった。


それでも、いざやってみたらそんな覚悟なんて笑えるものだった。


それでも時間は進む。みんなも辛い中先に進んでいる。加唐くんだって同じはずなのに、俺よりも強くいる。

すごいと思うよ・・・。昔は俺と同じいじめられっ子だったはずなのにさ。今じゃあんなに強くて

俺は強くはなれない。ただの高校生で、こういう漫画みたいのは絶対に起きるはずがないと思ってた。


妄想はいくらでもしてきたさ。もし、俺が異世界へいったらなんて妄想はさ。

でもそういうのは俺は無敵の力をもらってそれで気持ちよく勝つものだろ?

今の俺にはそういうものはなくて、気持ちよく勝って大団円!なんてことはない。

いっそ戦う力もなかったらいいのに。そしたら・・・。本当に何もせず、ここにいる人たちに守ってもらうだけでいるのに。

けど、今の俺は少しでも戦う力があって。俺が何かしないと・・・目の前にいる三人も死んでしまうかもしれない。

そんなもの耐えられない。嫌だ・・・嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ。

俺が死ぬよりはマシかもしれない。けど、そんなことになったら俺は絶対に立ち直れない。


だから今日も俺は進む。いい加減覚悟を決めたい。この感情に慣れてしまいたい。

どうせやらないといけないのだから。それでも、いざ相手の目の前になると手が震える。

どうしたらいいんだ・・・俺は。



気分転換に今入ってきた記憶も読み返す。・・・ハハッ。ふられてやんの俺。まあ、しょうがないよな。

こんな俺で、ハザマでもこんな男気もないんだ。彼女は関係ないというが俺だって恋人にするならこんな奴は選びたくない。

どうやらあっちの俺も諦めるみたいだけど、それが身の丈にあっているよ。俺に恋愛は似合わない。

それに・・・楽しそうな記憶ばかり送ってこないでくれ。そっちの俺を俺が殺したくなる

俺がこれだけ苦しんでいるのに。なんでお前が幸せそうなんだ。バレンタインデーで初めてたくさんの人からチョコをもらって。周りにチヤホヤされて。

誰なんだお前は。本当に俺か?


・・・本当に、向こうにいる俺は俺なのか?俺じゃないのか?俺は、今ここにいる俺は?


・・・全部嘘であってくれ。もし夢じゃないにしても、俺に少しでも覚悟があるのならば


俺は全部を諦めて・・・



すべてを諦めて、すべてを夢にしに行くのに







ENo.33 ねむり とのやりとり

ねむり
「うん……こう見えても私は、生き残りの達人だからね。
 キャンプで磨いた生存術でなんとかする!
 だから伊藤くんも、がんばろ!」


ENo.46 ニノマエ とのやりとり

ニノマエ
「ん、そうか」

友人が敵だった。だというのに、素っ気ないくらいの応答。

「じゃあ……いや待て。お前何だかんだ甘そうだからなあ。狙われたら無理に殺そうとするなよ。一瞬でも躊躇ったら速攻逃げろ。足遅いだろうけどそれでも逃げろ。いいな」


ENo.58 『高国藤久』 とのやりとり

怨霊 高国藤久
「……友達」

 薄く笑った。

「伊藤は本当に人間らしい奴だな。
 その調子だと、随分参ってるみてえじゃねえの。この戦いにさ」

怨霊 高国藤久
あッははは!! 安心しろよ、"会いに"なんて行かねえさ。
 おれ達は殺しに行くんだ。『侵略者』だから

怨霊 高国藤久
なあ、怖いか。怖いよな? あッは。
 でも死にたくないよな、死ぬのは怖い。そうだろ!

 
 そんな恐怖がこれから二十時間続いていく! これが『侵略戦争』だ!!

怨霊 高国藤久
「…………だから、抵抗のひとつくらい見せろよな」

怨霊 高国藤久
「簡単に終わらせるなよ。まだ若いんだしさ」

怨霊 高国藤久
――――なぁんて、な!
 容赦なんてすると思うなよ!!! あっはは!!!
 じゃあな!!!!

 勝手に言い切った後、メッセージは終了した。


ENo.73 シェリル とのやりとり

シェリル
「──ご安心ください。わたくしも無事です」

映像を繋ぐ。そこに映ったのは、イバラシティにおける彼女と変わらない、笑顔。

「合わせて──わたくしはイバラシティの側に立っておりますので、
 その点においてはわたくしとあなたが戦うということはないでしょう。ご安心ください」

「──しかし、他の方々はそうとは限らない様子。それは、学校の方々も亭の方々も同様。
 くれぐれも、お気をつけになってくださいね……」


ENo.202 黒須ミカ とのやりとり

黒須御日
「こっちから小町ンかけても繋がんねェんだからまあ……居ねぇんだと思うぜ
わざと出ねェとかそういうんじゃなくて
そもそもの電話番号がねェッて返されるみてェな反応だ……
これ、相手がアンジニティの奴でも
なんかよくわかんねー原理で確か通じるんだろ?
……とすりゃあやっぱアイツは居ねぇんだよ
……アタシも小町ンことはまあ探してッし仮に見つけたら
また連絡すっわ。」


ENo.206 リーと従者 とのやりとり

サク
「……安心に何の意味がある。貴方は私の言の葉を信じるのか?」

雨照満
「……サクがわかりにくくてごめんねえ。」

雨照満
「安心したいなら安心させてあげるよ、俺たちは無事だし、争わない道はあるよ!信じてね。」


ENo.211 ミカゼとアガタ とのやりとり

アガタ
「……晴くん、今は冷静だね。それは、安心した。
本当はクラスのみんなに、大丈夫?今誰かと一緒にいるの?困ってない?
━━そう聞いて、助けに行きたい。
でも、怯えさせたくはないから。それは、できない
クラスの中のどれだけが私みたいな余所者で、イバラシティを侵略しようと……
いや、晴くんに聞くなんて、だめだな。ごめん、無神経だった」

アガタ
「晴くんも、誰かと一緒なら……なんとかみんなで力を合わせて身を守って。
離れているから、すぐ助けにはいけない。けど、困っているときは力になる。」

そう言うとぎこちなく笑った。

「私も。お互いに無事で、再会することを祈っているよ。
また、教室でね」


ENo.342 色蝕の塊 とのやりとり

オノセ?
「…ありがとう。
 ちゃんと、無事にしています。

 でも───かの街に、変わらず安穏といて欲しいと
 そう願っておいて。
 その為に戦わないというのは。
 格好悪いですからね、出来そうにないんです。」

オノセ?
「……それにほら。
 せんぱいの、将来の恋人とか
 あの街にきっと居るだろうし。」

冗談めかす気配は、いつもの、と寸分違わず。

「そう思うと尚の事
 わたしは、頑張らないといけない気になるな。」


ENo.358 テレーゼ とのやりとり


「「……お前はやはり優しいな…信じてくれてありがとう。
ふふ、1人で行動しようといつもしてしまう、あっちでもこっちでも同じ、私の悪い癖だな…
だから、まずは私のおばあちゃんがこの辺りに居ないか確認してみるよ。その後知り合いに頼ってみる。伊藤も困ったら友人にちゃんと頼るんだぞ。なんなら私だって力になるからな!」」


ENo.388 ユイノ とのやりとり

結乃
「ほんとほんと。遠慮せずヒモになっちゃっていいのにぃ」

結乃
「晴くんはきっとだいじょぶだよ。ちゃんと助かるよ。
 ……なぁんて。根拠なんかないし、私なんかに言われても嬉しくないだろうけど――」

結乃
「自分の弱さをわかってる晴くんなら、きっと。
 みんな手を差し伸べてくれるって、私は思うなぁ」


ENo.397 都月桐胡 とのやりとり

都月
「うん、よろしくー。
 ……そうだね。おれも、みんなといっしょに、また、おはなししたいな。

 ごめんね、おれ、そのときはいないかもしれないけど……でも、みんなのことは、ちゃんとみてるから。ごめんね」


ENo.513 十神 とのやりとり

戦闘の後。取り返しのつかないことをした後。
伊藤に言われた言葉を思い返す。
『もうお前なんか友達じゃねえ』

「……。」

十神
「友達じゃないのなら……もう、いらない」

──神でもなんでもない存在は、姿を消す。

もう二度と貴方と会わないことを願って。


ENo.526 悠吏 とのやりとり

悠吏
「……、……おう、気ぃつける。
絶対こんなとこで死なねーし!こんなとこ、で」

「とか言って、さっきボロクソに負けちまってさー」

「……ダメかもしんねぇ。俺、この先、こんなバケモノだらけの場所で」
「なぁ、晴、俺」

……こわい……、こわ、い、……たすけて、……

小さく震えた声が届くかもしれないし、それは周りの喧騒に掻き消されたかもしれない。


ENo.545 ハルキ/ユイカ とのやりとり

東堂玄樹
「そうか……とりあえず無事が確認できたものが結構いたのは何よりだ
……分かった、可能な限り力を尽くす
だが、何かあればいつでも言えよ……できる限り力になる」


ENo.546 不幸喰らい とのやりとり

不幸喰らい
「勿論だ、もしもの時は……オレの身体が砕けるまで、壁にでもなろう」

 遠くから、声だけが聞こえるだろう。


ENo.658 天弖 とのやりとり

天弖
「此方は大丈夫ですよ。
……伊藤さんの方で何か変わった事はありましたか?」


ENo.664 レウ・コンアス とのやりとり

レウ・コンアス
「ああ、やっぱりきがついて いらっしゃらなかったんですね。
……さきほどおくった つうしんは わすれてくださります?」
「なんて、いってもむり なのでしょうね。ぶじといえば ぶじですよ。あなたがたが やさしかったおかげで。」


ENo.807 狐 とのやりとり

花澱御降??
「そう、十神くんが……そっか。
私、十神くんとは仲良かったんだけどな……何でこんなに残酷なんだろう。
とりあえず、この先の合流点で落ち合いましょう。
皆もきっとそこを目指してるだろうし。

伊藤くん……死なないでね。
私、伊藤くんの事結構嫌いじゃないよ。」


ENo.900 しあわせうさぎ とのやりとり

わからない。わからないんだ。そうだよね。
だってわたしの喉はもうほとんど潰されてるんだもん。
"私"の心と記憶も邪魔してくるんだもん。

あなたが心配してるのは"私"なんだ、分かってるもん。
譎エ縺上s? 縺ゥ縺?@縺溘?縲∬◇縺薙∴縺ェ縺???
 ずるい、ずるいよ。どうして"私"は心配して貰えるの。
遘√?螟ァ荳亥、ォ縺?繧医?∝、ァ荳亥、ォ縲∵?ェ謌代b縺ェ縺??
 ここに居るのはわたしなのに、"私"は存在してなかったのに!
縺?縺」縺ヲ縲∫ァ√?縺サ繧薙→縺ッ蟄伜惠縺励↑縺九▲縺溘s縺?』

随分と、明瞭になったノイズ。
けれどその半分は未だにはっきりとは聞き取れないだろう。


ENo.1041 サニー とのやりとり

サニー
「 (──不明瞭な音声が届く──)……聞こえますでしょうか。こちらでは初めてではありますが……サニー・ブラウ・ケリィでございます」
「すみませ──、不躾ですが手短に質問──頂きたく思──。
貴女は──の味方でしょうか、それとも────
人類に仇なす──でしょうか────(ここで通信は途絶えた)」


ENo.1104 刀崎 依良 とのやりとり

刀崎 依良
「ん。見ての通り、変わってない、でしょ?

生きるの、優先で、大丈夫。私も、そういう立ち回り、だから」

刀崎 依良
「……ぁ、晴。

お腹、すぐ減らない?大丈夫?食料足りる?


以下の相手に送信しました

ENo.612
チホ
ENo.906
イノヴェルチ





泥蘇光悪渡
「お前ら怪我とか…マジで大丈夫か? 辛かったらすぐ後ろに下がってくれよ」

結乃
「ハザマって意外と食べられそうなものあるんだねえ。
 なにか食べたいものがあったら言ってね。腕によりをかけて作るよ~」

泥蘇光悪渡(150) から を手渡しされました。
泥蘇光悪渡
「伊藤君これいる? …多分チワワの毛だけど」















神も仏もあるもんか
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428

ハザマに生きるもの
大黒猫A
ハニワ
大黒猫B
歩行石壁
















五人戦隊と呼ぶには多い  第一話、1.5人オーバー!
ENo.44
南天
ENo.47
蒜手
ENo.79
ミロ
ENo.95
暁人
神も仏もあるもんか
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428








巽(282) から 15 PS 受け取りました。

「協力感謝します、先輩。こちら用立て致しました」

チホ(612) から 10 PS 受け取りました。
巽(282)ItemNo.9 美味しい草 を送付しました。

チホ(612) から 不思議な食材 を受け取りました。
チホ
ハァ…ハァ… 『敗北者』…?取り消
チホ
「…さなくていいや。【首から『私は特殊アイテムを送ろうとして失敗した敗北者です』と書かれたプレートを下げている】」
チホ
「と、とにかくゴメンね!合成が必要になったらいつでも呼んで!」

解析LV5 UP!(LV5⇒10、-5CP)
防具LV5 UP!(LV30⇒35、-5CP)

イルハ(324) により ItemNo.10 白石 から射程3の武器『魔法使いっぽい杖』を作製してもらいました!
 ⇒ 魔法使いっぽい杖/武器:強さ67/[効果1]祝福10 [効果2]- [効果3]-【射程3】

つぼみ(901) により ItemNo.11 毛 から装飾『誓いのミサンガ』を作製してもらいました!
 ⇒ 誓いのミサンガ/装飾:強さ45/[効果1]回復10 [効果2]- [効果3]-

コハル(1440) とカードを交換しました!

ゾンビパウダー (リザレクション)


プチメテオカード を研究しました!(深度0⇒1
プチメテオカード を研究しました!(深度1⇒2
プチメテオカード を研究しました!(深度2⇒3

ブロック を習得!
ジャックポット を習得!
アウェイクニング を習得!

◇通常獲得:各CP・FPが5増加した!






泥蘇光悪渡(150)ネジ を入手!
イルハ(324)ド根性雑草 を入手!
ユイノ(388)吸い殻 を入手!
晴(428)吸い殻 を入手!
イルハ(324) を入手!
晴(428)何か固い物体 を入手!
ユイノ(388) を入手!
泥蘇光悪渡(150)不思議な石 を入手!






ユイノ(388) に移動を委ねました。

チナミ区 I-14(道路)に移動!(体調16⇒15
チナミ区 I-15(沼地)に移動!(体調15⇒14
チナミ区 I-16(道路)に移動!(体調14⇒13
チナミ区 H-16(チェックポイント)に移動!(体調13⇒12

MISSION!!
チナミ区 H-16:チェックポイント《瓦礫の山》 が発生!
   - 泥蘇光悪渡(150) が経由した チナミ区 H-16:チェックポイント《瓦礫の山》
   - イルハ(324) が経由した チナミ区 H-16:チェックポイント《瓦礫の山》
   - ユイノ(388) が経由した チナミ区 H-16:チェックポイント《瓦礫の山》
   - 晴(428) が経由した チナミ区 H-16:チェックポイント《瓦礫の山》







>> これまでのあらすじ


―― ハザマ時間が紡がれる。

 

 

 


エディアン
「・・・・・あら?」

白南海
「おっと、これはこれは。」


 

エディアン
プラチナブロンドヘアに紫の瞳。
緑のタートルネックにジーンズ。眼鏡をかけている。
長い髪は適当なところで雑に結んである。

白南海
黒い短髪に切れ長の目、青い瞳。
白スーツに黒Yシャツを襟を立てて着ている。
青色レンズの色付き眼鏡をしている。


チャット画面にふたりの姿が映る。

 


エディアン
「こんにちは白南海さん。元気そうで何より。」

白南海
「そう尖らんでも、嬢さん。折角の美人が台無しだ。」

エディアン
「・・・それもそうですね、私達同士がどうこうできる訳でもないですし。
 それで、これは一体なんなんでしょう?」

白南海
「招待されたとか、さっき出てましたけど。」


 



「そ!お!でぇぇ―――っす☆」


チャットに響く声。

 

ミヨチン
茶色の瞳、桜色のロング巻き髪。
ハイパーサイキックパワーJK。
着崩し制服コーデ。


画面に現れる3人目。

 


白南海
「まぁた、うるせぇのが。・・・ってぇ、こいつァ・・・・・?」

エディアン
「ロストじゃないですか、このこ。」

白南海
「それとその格好・・・やっぱイバラシティの人間じゃ?あんた。」


 


ミヨチン
「ロスト?イバラシティ?何のことっすかぁ??」

ミヨチン
「それよりそれよりぃ!ミヨチンの願いを叶えてくれるって、聞いたんすけどぉー。」


上目遣いでふたりに迫る。


白南海
「なるほど。こんな感じであっちから来るんすかねぇ、ロスト。」

エディアン
「そっすねぇー。意外っすー。」


 


ミヨチン
「聞いてるんすかぁ!?叶えてくれるんっすかぁー!!?」

エディアン
「えぇ叶えます!叶えますともっ!!」

白南海
「無茶なことじゃなけりゃー、ですがね。」

ミヨチン
「やったーっ!!ミヨチンは、団子!団子が食べたいんすよぉ!!
 美味しいやつ!!美味しい団子をたらふく食べたいッ!!」

ミヨチン
「好みを言うなら―― ザザッ・・・ 堂のあんこたっぷりの―― ザザッ・・・ 団子がいいんすよねぇ!
 ガッコー帰りによく友達と食べてたんすよぉ!!」


ノイズで一部が聞き取れない。

 


白南海
「団子だァ・・・??どんな願望かと思えばなんつぅ気の抜けた・・・」

エディアン
「しかしこのハザマでお団子、お団子ですかぁ。」

白南海
「イバラシティの団子屋なら、梅楽園のが絶品なんすけどねぇ。」

エディアン
「あぁ!あそこのお団子はモッチモチで美味しかったです!!
 夢のような日々の中でもあれはまた格別でしたねぇ!!」

ミヨチン
「マジっすか!それ!それ食べれねぇんすかぁー!?」

ドライバーさん
「食べれるぞ。」


突然現れるドライバーさん。

 


白南海
「・・・び、ビビらせねぇでくれませんか?」

ドライバーさん
「ビビったんか、そりゃすまん。」

エディアン
「こんにちはドライバーさん。・・・お団子、食べれるんですか?」

ドライバーさん
「おう。地図見りゃ分かるだろうが、ハザマのモデルはイバラシティだ。
 そんでもって一部の名所は結構再現されてる、ハザマなりに・・・な。試しに見てくるといい。」

エディアン
「ほんとですか!?ハザマも捨てたもんじゃないですねぇ!!」

白南海
「いや、捨てたもんじゃって・・・なぁ・・・・・」


 


ミヨチン
「んじゃんじゃその梅楽園の団子!よろしくお願いしゃーっす!!」

白南海
「あの辺なら誰かしら丁度向かってる頃じゃねぇすかねぇ。」

エディアン
「よろしく頼みますよぉ皆さん!私も後で行きたいなぁーっ!!」

白南海
「・・・何か気が抜ける空気っすねぇ、やっぱ。」


 

賑やかな雰囲気のまま、チャットが閉じられる――












神も仏もあるもんか
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428

ハザマに生きるもの
大黒猫
歩行軍手
歩行軍手
大黒猫




545 424


1st
大黒猫


2nd
大黒猫





6th
歩行軍手


7th
歩行軍手


8th


















侵攻災害区域
ENo.135
『異形』
ENo.313
ネルヴァリオ
ENo.483
『柩狼』
ENo.809
アイリス
神も仏もあるもんか
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428





334 113









8th










チナミ区 H-16

チェックポイント《瓦礫の山》



チェックポイント。

仄かな光に包まれた六角形の柱が立っている。

 

・・・柱から滲み出るように、何かが生み出される。

守護者《DEER》
黒闇に包まれた巨大なシカのようなもの。


 


守護者《DEER》
「――我が脳は我が姫の意思。我が力は我が主の力。」


それは言葉を発すると共に襲いかかる!




(初発生のイベント戦:異能FP+5!生産FP+5!)














神も仏もあるもんか
ENo.150
泥蘇光悪渡
ENo.324
イルハ
ENo.388
ユイノ
ENo.428

立ちはだかるもの
守護者《DEER》
守護者《DEER》
守護者《DEER》
守護者《DEER》




443 664


1st
守護者《DEER》


2nd
守護者《DEER》


3rd
守護者《DEER》


4th
守護者《DEER》





8th








ENo.428
伊藤 晴
名前:伊藤 晴
性別:♂
年齢:17
所属:相良伊橋高校 2年4組
身長:173cm
体重:乙女の秘密
体臭:抗いがたい男臭
趣味:ゲーム、ネットサーフィン、カードゲーム
好みのタイプ:自分よりも小さい子、ロリ、巨乳
将来の夢:人並みに家庭をもって幸せになること
能力名:冷静


相良伊橋高校に通う高校二年生
地元を出て一人暮らしをしている。
学校では友人があまり多い方とは言えず、学校の友人と遊ぶよりも一人でゲームセンターへ行きゲームをしていることが多い。
カードゲームもするがやる友達は少なく一人で触ってることが多々。
典型的な内向的なオタク。知り合いや身内には強く出るが初対面の相手にはキョドったりしてしまい上手く喋ることができない人見知り。
自分より下を見るとマウントを取りたがる
苦手なタイプはヤンキー。
少し強く出られたり暴力を振るわれるだけで泣いて許しを請う
争いごとは苦手


能力説明:自分がピンチになった際時間の進みをゆっくりと感じさせる。走馬灯を見てる時のようなスローモーションの中素早い思考を行うことができる。
ただし自身の肉体能力が上がるなどのことはなく思考が早くなるだけである。
能力発動状態になると雑念もなくなり言動も静かになる。
状況を解決することで能力は解除され普段の状態に戻る


※既知設定など大歓迎です。初めての人でも絡んでください
伊藤晴のIBARINEです。何か用があればこちらへもどうぞ。知り合いなら全員知ってるということで大丈夫です。http://lisge.com/ib/talk.php?p=4323
基本置きレスです。何かあったときは(@itou_haru)へお願いします
12 / 30
158 PS
チナミ区
H-16
行動順9【日和】AT・AG・HL↓
5500
375







相良伊橋高校
5
民俗文化研究部





Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材の場合は詳細等)
1不思議な武器武器10【射程1】
2不思議な防具防具10
3不思議な装飾装飾10
4不思議な牙素材10[武器]攻撃10(LV5)[防具]活力10(LV5)[装飾]体力10(LV5)
5あり合わせの防具防具30防御10
6不思議な食材食材10[効果1]器用10(LV5)[効果2]敏捷10(LV10)[効果3]耐疫10(LV15)
7不思議な食材食材10[効果1]器用10(LV5)[効果2]敏捷10(LV10)[効果3]耐疫10(LV15)
8素材10[武器]朦朧10(LV20)[防具]体力10(LV10)[装飾]増勢10(LV25)
9不思議な食材食材10[効果1]器用10(LV5)[効果2]敏捷10(LV10)[効果3]耐疫10(LV15)
10魔法使いっぽい杖武器67祝福10【射程3】
11誓いのミサンガ装飾45回復10
12吸い殻素材10[武器]炎上10(LV25)[防具]火纏10(LV25)[装飾]耐火10(LV20)
13何か固い物体素材15[武器]攻撃10(LV20)[防具]防御10(LV20)[装飾]共鳴10(LV20)
[出現付加の効果一覧] 最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
制約10拘束/罠/リスク
響鳴10歌唱/音楽/振動
領域5範囲/法則/結界
解析10精確/対策/装置
防具35防具作製に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
ブレイク5050敵:攻撃
ピンポイント5050敵:痛撃
クイック5050敵:3連撃
ブラスト5050敵全:攻撃
ヒール6050味傷:HP増
ドレイン5050敵:攻撃&味傷:HP増
ペネトレイト5050敵貫:痛撃
スイープ5050敵列:攻撃
決3アサルト5050敵:痛撃+自:連続減
エチュード50120味全:DX増(4T)
決3リフレクション5050自:反射
決3プリディクション50120味列:AG増(3T)
アラベスク5050味全:HP・AG増+魅了
カプリシャスナイト5050敵:痛撃&護衛
キャプチャートラップ5090敵列:罠《捕縛》LV増
ミラー&ミラー50100味傷:HP増+反射状態なら反射
ペナルティ50120敵3:麻痺・混乱
ビブラート50120敵全2:粗雑SP攻撃
ブロック5080自:守護+DF増(2T)+味傷:護衛
ジャックポット50110敵傷:粗雑痛撃+回避された場合、3D6が11以上なら粗雑痛撃
アウェイクニング5080味精:HP増+精神変調を守護化

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
猛攻550【戦闘開始時】自:AT・DX増
堅守550【戦闘開始時】自:DF・AG増
攻勢550【戦闘開始時】自:AT増+DF減
守勢550【戦闘開始時】自:DF増+AT減
献身550【戦闘開始時】自:HL増+LK減
太陽550【戦闘開始時】自:MHP・HATE増
隠者550【戦闘開始時】自:MSP増+HATE減
精神変調耐性530【戦闘開始時】自:精神変調耐性増
瑞星530【クリティカル後】自:反射
祝福の詩530【HP回復後】対全:祝福+自:朦朧
最大EP[20]




被研究カード名/スキルEPSP説明
唸れ!普通の鉄パイプ!!
(クイック)
050敵:3連撃
決3
悪魔の住まう模型の塔
(サモン:サーヴァント)
5300自:サーヴァント召喚
異世界の力
(ヒール)
050味傷:HP増
ゾンビパウダー
(リザレクション)
0150味傷:HP増+瀕死ならHP増





[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 3 ]チャージ[ 3 ]プチメテオカード[ 3 ]アサルト



PL / 子天使