NOTICE
ENTRY
RULE
RESULT
LOUNGE
CITYMAP
<< 1:00
[基本]OK. [戦闘]OK. [取引]OK. [スキル]OK. 




例えば、何かを教えてもらったり、意見を交換していく場合
一人がAと言い、一人がBと言い、一人がCと言って意見が割れていったり
そこからの意見交換があったり、
その中で自分はこれだという答えや新たにDという選択肢を新たに選択する。

僕にはこれがなかった。

正しくは幼少の時まではそれがあった、確かお母様が亡くなるまで。
そして僕の従者に彼女がやってくるまではもう少し僕は何かを言えたと思う。
彼女が従者になってから、僕の質問を返すのは彼女だけになり、
僕がAと言ったとして、例えそれが合っていても間違っていたとしても
彼女がそれをBと言えばBなのだ、それしか確認方法がなかったし、信じるしかなかった。
だって僕にはそれしかできなかった。周りに、彼女しか居なかったんだから。
屋敷に二人ぼっち、それで正しく成長できた方が凄いのではないだろうか。

『あの従者が歪んでなければ』

僕と深く関わった大人達は口を揃えて言った。
それだけ、傍から見たら僕は歪んでいたらしく、
最初はわからなかったけれど、今はあの人が狂ってる、おかしいくらいの判断は分かる。
それでも分からないのは、時々彼女は従者をやめても力になってくれる。
ここへ送ってくれたのも彼女だった。
まあ、飛ばされたのはイバラシティではなくアンジニティで、あんな姿なわけだが。


「……どうしてまだ近くにいるんですか、タユタ?」


イバラの記憶を思い出しながら、伊舎那は呟いた。
彼女、タユタはイバラシティの僕が働くホストクラブのオーナーとしていた。
本来の姿で適当にイバラシティに合わせた衣装を見繕って、能力も異能と称してそのまま使って
僕がどこにいるか分かるようにあれをホストとして勧誘したとすら思える。

まだ、僕は彼女の檻の中で飼われているんだろうか――

きっとまたスカリムさんが苛々しているんだろうな、
スカリムさんはタユタが何かをするととても腹を立てる、
……やっていることがことなので仕方がないとは思うけれど。


また、イバラシティの記憶が入ってくる、ぐるぐると様々な記憶。
羨ましい、疎ましい記憶、僕が持ってないものをあれは平然とやってのける。
簡単に人を信じる、いや、信じてはいるか怪しい感じだけれど。
少なくとも、僕より何倍も何十倍も人と触れ合うことに慣れている。

けれど、あなたは僕みたいなミスを、よりによって彼女の前でした。

くらくらと色々な香りが混ざった中で、きっと拒まれないと思っていた自信。
だが彼女の反応は拒絶、蒼白の顔、それが、自分を認められなかったことが嫌だったんだろう。
他の人なら兎も角、それが、彼女だったから。
結局、成長しても、明るく振る舞っても、僕は僕でしかないのだな、と
つまりは、僕がいくらあんな風に変わろうとしても、根本は変わらないのだろうか。

「……嫌だな」

スカリムさんは、僕に違う未来を見つけて欲しいとも言う。
もし、これが一つの未来だとして、僕がどんな色の花を咲かせたとしても
根元が変わらない限り、きっと僕は憎悪して、嫉妬する。



スカリムさんのことを考えたいのに、駄目な自分のことばかり考えてしまう。
深い、不快、溜息をついた。







ENo.116 雲谷 煙次/ケムルス とのやりとり

ケムルス
「フン…思い上がるんじゃないっス、ヒトのガキが。」
ケムルス
「小生は煙公爵ケムルス!
例えお前が知った顔だろうが、お前に掛ける情など煙の一吹きほども無いっスよ」
ケムルス
伊舎那
お前が情を捨てられないのなら、『侵略』の側に付くことなんてキッパリ止めることスね
ココはガキの優柔不断を許すほど、甘いモノじゃないっスよ」
(…正直、コイツを目の前にして余計な煙を使いたかないっスね)


ENo.909 スカリム・ヴェノケルコス とのやりとり

スカリム
「――……。
……分かった。何も聞かないでおくよ。
僕も聞かれたいことばかりじゃないからね。」

スカリム
「ただ、聞かないのはお互いの……、そのイバラでの細かな生活とかだ。
視界から得た情報は二人を探す何らかの役に立つかもしれないから、ね。」

スカリム
「トドメ、か。
そうだね、此処での記憶が向こうに持ち越せたのなら、願いを叶えられたのかもしれない。
どうだろう?お互いがお互いのトドメを刺すんだ、何もかも解決しそうじゃないかい?
なんてね、笑えないか。僕は伊舎那を刺せないけれど、イバラの彼を刺すことはできるだろうね。
逆ならどう?」

スカリム
「でも向こうの記憶は、結局あれらの目を介して僕たちに流れ込む。
と、なると擬似的にお互いにお互いを刺しあい、殺し合うビジョンが焼き付き、焦げ付き、こびりつくだろうね。」

スカリム
「――さて、と。問題はそれだね。坊っちゃんとその従者がアンジニティ側だとすると、向こうの世界で姿ががらっと変わってるわけだから、見分けがつかない。
この世界で探すしかなくなる。
ただ、人が多い。同じ陣営なら情報の共有とかもうちょっと細やかにやってほしいね。人名のリストだけでもこのCross+Roseだっけ?それを使えないだろうか。」

スカリム
「向こうの世界サイドだと、その、僕たちの行動時間から考えると、坊っちゃんを歓楽街にやるとは思えないし、グノウも飲みに行かないだろうから?
まったく手がかりにならないんだよねぇ……。

彼女の嫌がらせ度で考えると、後者かなぁ?はぁ……」


以下の相手に送信しました

ENo.116
雲谷 煙次/ケムルス
ENo.173
十ヶ瀬 玲音
ENo.909
スカリム・ヴェノケルコス
ENo.1290
露崎 聖樹





スカリム
「まあ、無事に合流できたから、これで……」
スカリム
「あるぇ?なんか、おかしいなぁ。どこへいくのかな?ねぇ、伊舎那?うん?」

伊舎那
「スカリムさん、一先ずご無事で何よりです!
お怪我はされてないですか?お腹は空いていませんか??
僕にできることがあれば何でも言って下さいね!」
伊舎那
「それにしても……

(何だろうか、何かが気になるのだが何かが分からない。
1D100:[83] 】 が50以上なら次回に反映する――)」















Nap・Frappe
ENo.909
スカリム・ヴェノケルコス
ENo.931
女疾石 伊舎那
ハザマに生きるもの
チェリーさんA
チェリーさんB
















Nap・Frappe
ENo.909
スカリム・ヴェノケルコス
ENo.931
女疾石 伊舎那
おばあちゃんといっしょ
ENo.1289
露崎 藍溟
ENo.1290
露崎 聖樹








スカリム(909) を入手!
伊舎那(931)花びら を入手!
スカリム(909)美味しい果実 を入手!
伊舎那(931)美味しい果実 を入手!






呪術LV2 UP!(LV10⇒12、-2CP)
制約LV1 UP!(LV10⇒11、-1CP)
武器LV3 UP!(LV20⇒23、-3CP)

サラ(1338) により ItemNo.1 不思議な武器ItemNo.2 不思議な防具 を合成してもらい、どうでもよさげな物体 に変化させました!
 ⇒ どうでもよさげな物体/素材:強さ10/[武器]器用10(LV2)[防具]治癒10(LV2)[装飾]回復10(LV2)/特殊アイテム
サラ
「よろしくねー」

スナリ(495) の持つ ItemNo.4 不思議な牙 から射程1の武器『乾きの土拳』を作製しました!
緋染の白花(968) の持つ ItemNo.4 不思議な牙 から射程3の武器『姫女菀の花杖』を作製しようとしましたが、相手から取引生産許可が出ていませんでした。
スカリム(909) の持つ ItemNo.4 不思議な牙 から射程3の武器『馴染んだ鉄扇』を作製しました!

緋染の白花(968) により ItemNo.8 駄木 から装飾『オウムの羽根のお守り』を作製してもらいました!
 ⇒ オウムの羽根のお守り/装飾:強さ33/[効果1]攻撃10 [効果2]- [効果3]-
緋染の白花
何故…このような幼子が…」
緋染の白花
「いえ、何でもありません。こんにちは、お客様」
  ゆるく左右に頭を振ると、薄く微笑み目礼をする
緋染の白花
「ご注文の品を、どうぞ。
 どうか、あなたの旅に幸いあらん事を」

カイネ(341) とカードを交換しました!

―― 壊 音 ―― (ヒール)


イレイザー を研究しました!(深度0⇒1
アクアヒール を研究しました!(深度0⇒1
エリアグラスプ を研究しました!(深度0⇒1





チナミ区 I-7(草原)に移動!(体調25⇒24
チナミ区 J-7(草原)に移動!(体調24⇒23
チナミ区 K-7(道路)に移動!(体調23⇒22
チナミ区 L-7(道路)に移動!(体調22⇒21
チナミ区 M-7(山岳)に移動!(体調21⇒20













―― ハザマ時間が紡がれる。



ノウレット
「おっくれまして―――ッ!!」



ノウレット
ショートの金髪に橙色の瞳の少女。
ボクシンググローブを付け、カンガルー風の仮装をしている。やたらと動き、やたらと騒ぐ。



チャット空間に突如として現れたカンガルー姿の少女。



エディアン
「わぁぁ!!なんですなんですぅ!!!?」



エディアン
プラチナブロンドヘアに紫の瞳。
緑のタートルネックにジーンズ。眼鏡をかけている。
長い髪は適当なところで雑に結んである。



ノウレット
「はぁい!初めまして初めましてノウレットって言いまぁす!!
 ここCrossRoseの管・・・妖精ですよぉっ!!皆さんよろしくおねがいしまぁーっす!!」
エディアン
「初めまして初めまして!
 私はエディアンといいます、便利な機能をありがとうございます!」
ノウレット
「わぁい!どーいたしましてーっ!!」



元気よく両手両足を伸ばし空間を飛びまわる!



エディアン
「ノウレットさんもドライバーさんと同じ、ハザマを司る方なんですね。」
ノウレット
「司る!なんかそれかっこいいですね!!そうです!司ってますよぉ!!」



そう言ってフロントダブルバイセップス。



エディアン
「仄暗いハザマの中でマスコットみたいな方に会えて、何だか和みます!
 ワールドスワップの能力者はマスコットまで創るんですねー。」
ノウレット
「マスコット!妖精ですけどマスコットもいいですねぇーっ!!
 エディアンさんは言葉の天才ですか!?すごい!すごい!!」



ノウレット
「――ぁ、そうだ。そういえば告知があって出演したんですよぉ!!」
エディアン
「告知?なんでしょう??」
ノウレット
「はぁい!ここCrossRoseを舞台に、大大大大闘技大会をするのですっ!!
 両陣営入り乱れてのハチャメチャトーナメントバトルですよぉ!!」
エディアン
「ハチャメチャトーナメントバトル!楽しそうですねぇ!!」
ノウレット
「はぁい!たまには娯楽もないと疲れちゃいますのでッ!!」
エディアン
「そうですよねぇ。息抜きって大事だと思います。」
ノウレット
「はぁい!豪華賞品も考えてるんですよぉ!!」
エディアン
「賞品はあると燃えますね!豪華賞品・・・・・ホールケーキとか。」
ノウレット
「ホールケーキ!!1人1個用意しちゃいますっ!!?」
エディアン
「夢のようですね!食べきれるか怪しいですけど。」



賞品について何だか盛り上がっているふたり。



ノウレット
「・・・・・あ!でも開催はすぐじゃなくてまだ先なんです!!
 賞品の準備とかもありますしぃー!!」
エディアン
「わかりました、楽しみにしていますね。」
ノウレット
「はぁい!それでは!おったのしみにぃ――ッ!!!!」



チャットが閉じられる――














Nap Frappé
ENo.909
スカリム・ヴェノケルコス
ENo.931
女疾石 伊舎那
ハザマに生きるもの
歩行小岩
ピクシー




622 432




3rd
歩行小岩


4th
ピクシー

















Nap Frappé
ENo.909
スカリム・ヴェノケルコス
ENo.931
女疾石 伊舎那
星追うよだか
ENo.537
光のおえかき
ENo.664
闇のおえかき




265 251











ENo.931
女疾石 伊舎那
【伊舎那】(いざな)
イバラシティの姿、二十代前半の青年。
マガサ区にあるホストクラブにいて、
疾那(しつな)と名乗ってホストをしている。
とある女性に貢いでもらっているからか、そこまでお金に困っていないらしい。
女性に対しては基本紳士的に優しく、をモットーに平等愛。
だがオフは邪魔されたくないのでSNSを交換しても既読スルーが多い。
猫とか動物や鳥の類が好きだが、仲が良くないと言わない。

【女疾石 伊舎那】(めとしいし いざな)
ハザマにいる本当の姿、少しだけ大人びた容姿をした十代前半の少年。
パッと見ならば相当の歳より少し高めに見られる程度の外見と知識を持つ。
愛することが不器用で狂った愛し方しか知らなかったものを、
ゆっくりと教えてもらっている従者。
異世界の来訪者で、イバラシティにいる知人に会う為にやってきたのだが
何故か手違いでアンジニティへ。
イバラの姿を思い出す度に頭を抱えて
どうにかしてイバラの自分を倒せないか考える程度には絶望している。

異能【狂愛者】
嫉妬した相手に対して重力を多少増やす、嫉妬するほど圧が増える。
ただし本人は自分の異能に対して理解していない。


【揺蕩】(たゆた)
Shangri-laのオーナーの女性、伊舎那より少し年上。
20 / 30
55 PS
チナミ区
M-7
行動順2【疾駆】AG↑
4300
315







Noアイテム名種類強さ効果1効果2効果3(素材・食材・消耗の場合は詳細等)
1どうでもよさげな物体素材10[武器]器用10(LV2)[防具]治癒10(LV2)[装飾]回復10(LV2)
2
3不思議な装飾装飾10
4護身用ナイフ武器30攻撃10【射程1】
5カマーベスト防具30敏捷10
6不思議なガレット・ブルトンヌ料理30治癒10活力10鎮痛10
7不思議な食材食材10[効果1]治癒10(LV5)[効果2]活力10(LV10)[効果3]鎮痛10(LV15)
8オウムの羽根のお守り装飾33攻撃10
9花びら素材10[武器]地纏10(LV25)[防具]回復10(LV10)[装飾]祝福10(LV20)
10美味しい果実食材15[効果1]敏捷10(LV10)[効果2]復活10(LV10)[効果3]体力15(LV25)
最大所持可能数[50]




異能・生産
名称LV説明
呪術12呪詛/邪気/闇
制約11拘束/罠/リスク
武器23武器作製に影響

アクティブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
ブレイク5020敵:攻撃
ピンポイント5020敵:痛撃
クイック5020敵2:攻撃
ブラスト5020敵全:攻撃
ヒール5020味傷:HP増
ダークネス5060敵:闇撃&盲目
リストリクト5060敵:DX・AG減(2T)
デスパレイト5060敵:闇痛撃+自:瀕死なら連続増
エナジードレイン50160敵:闇撃&DF奪取
キャプチャー5070自:束縛LV増
ブラッドウェポン500自:HP減+衰弱LV・朦朧LV増

パッシブ
被研究スキル名/元スキルLVEPSP説明
攻撃550【戦闘開始時】自:AT増
防御550【戦闘開始時】自:DF増
器用550【戦闘開始時】自:DX増
敏捷550【戦闘開始時】自:AG増
回復550【戦闘開始時】自:HL増
活力550【戦闘開始時】自:MHP増
体力550【戦闘開始時】自:MSP増
治癒550【自分行動前】自:HP増
鎮痛550【被攻撃命中後】自:HP増
幸運550【戦闘開始時】自:LK増





被研究カード名/スキルEPSP説明
(ここに格好いいカード名が入る)
(ブレイク)
020敵:攻撃
―― 壊 音 ――
(ヒール)
020味傷:HP増




[深度]スキル名[深度]スキル名[深度]スキル名
[ 1 ]アクアヒール[ 1 ]ドレイン[ 1 ]アトラクト
[ 1 ]エリアグラスプ[ 1 ]イレイザー[ 1 ]エスコート



PL / 夕凪 @yunaginagi