4/7(火)
04時
3
SpotNo.89[ヒノデ区 S-15]

古甕神社
ヒノデ区の片隅にある古い古い神社、正式名称は「古甕倭文神宮」です。
社殿の内容は紀元前まで遡ります。

境内のほとんどの面積が岩山で、その頂上に小さな本殿がある異様な神社です。
山登りをしなくても、岩山の手間に拝殿もありますので、ご安心ください。

祭神は「建葉槌命(たけのはつちのみこと)」様です。
織物の神様ですので、裁縫や服飾のご利益があります。
また、『荒ぶる力を鎮める』ことに対する権能があるとされるため、『異能の力を制御する』ことに対してもご利益がありますよ。

by 神主

古甕神社 参道白大甕 環(9)大きな鳥居のある参道、拝殿へと続いている。
古甕神社 拝殿白大甕 環(9)参道を進んだ先にある、それなりに立派な拝殿
古甕神社 社務所白大甕 環(9)2階建てで、境内で最も大きい建物…多目的ホール兼、宮司一家の住居
古甕神社 本殿・守魂石白大甕 環(9)境内の殆どの面積を占める、小高い岩山。頂上に小さな本殿が据えられている。
古甕神社 甕星殿白大甕 環(9)守魂石の裏、影になる場所にひっそりとある社
古甕神社 環の自室白大甕 環(9)社務所二階、宮司一家の住居にある一室
バス待合所【古甕神社前】白大甕 環(9)古甕神社の目の前にあるバス停留所

(C) 2018 symalis - Lisge.com