ENo.3061 ハルピュイア アカカナリア型 32


86 56 165
261 60 75




S隊列:2 射程:2
1[×5]戯歌・尚早なる遊興
【PT重傷:SP150】自:次受ダメ減自:異常耐性増味全:AT・MAT増(9T)敵貫:魅了・混乱・呪縛敵異:攻撃&自:HP増
2[×5]烈歌・流れ消ゆ星彩
【自分重傷:SP100】敵5:攻撃敵:7連鎖撃敵:痛撃味全:HP増
3[×5]恋歌・ウヌク【愛唱】
【5行動毎:SP30】敵:7連鎖撃敵:麻痺
4[×5]却歌・主のもとへ
【自分異常状態:SP100】敵:攻撃&猛毒敵全:攻撃&次ダメ補正消滅敵全:攻撃&SP減自:反毒LV増
5[×5]氷歌・極北耐える針樹
【16行動毎:SP150】敵:攻撃&活性LV・再生LV減自:HIT・MHIT増味全:MAT増敵全:被HEAL減&強化を魅了化敵貫2:物魔撃
6[×5]問歌・生存意義の探求
【通常時:SP100】敵列:魅了・混乱・呪縛敵:痛撃敵3:攻撃敵:物魔撃
7[×5]嵐歌・海駆ける風の王
【通常時:SP30】敵:4連鎖物魔撃自:HP・SP増
8[×5]旅歌・長き途をともに
【通常時:SP60】自:HP減緩和敵傷:物魔撃敵:7連鎖撃
9克歌・過ぎ去りし喪失
【ターン開始時】敵:4連鎖撃敵:物魔撃&AT・MAT奪取
10盾歌・天つ護りの調べ
【被攻撃命中後】自:傷撃LV増敵:7連鎖撃
11狙歌・其は贄への執着
【被攻撃回避後】味全:HIT・MHIT増
12結歌・其は生存へ誓い
【HP回復後】敵:7連鎖撃敵:痛撃+自:強制麻痺
13復歌・其は生への執着
【HP回復後】自:HP・SP増
14凱歌・其は謳歌する生
【攻撃命中後】自:SP増
15獄歌・地より出る禍ひ
【ターン開始時】味全:AT・MAT増(9T)味傷:精確攻撃&HP増敵3:SP攻撃
16審歌・蟲共は裁かれる
【スキル使用後】敵全:次与ダメ減自:SP増+SP3割以下ならSP増自:MHP・消費SP減
17援歌・愛と自由の喜び
【スキル使用後】味列:HP増&祝福
18興歌・深化する眼差し
【通常攻撃後】味全:SP増自:HP・SP増
19覇歌・王たる獣の嘆き
【自分行動前】敵全:精確攻撃自:反痺LV増
20羨歌・先を往く巨影
【被攻撃命中後】自:MSP増敵全:精確攻撃敵全:痛撃
21霊歌・祖の地を守る者
【被攻撃回避後】敵全:猛毒or麻痺or衰弱敵全:SP攻撃自:HIT・MHIT増
22望歌・遥かな学び舎
【自分行動前】敵:SP攻撃&魅了LV・呪縛LV・混乱LV減自:気合LV増味全:再生LV増
23陽歌・たのしい幼稚園
【ターン開始時】敵:6連痛撃敵列:猛毒敵:猛毒・麻痺・衰弱
24紫歌・よき語らいを
【ターン開始時】自:HP・SP増敵貫:呪縛味全:HP増&異常減
25宴歌・空に謳う友の詩
【スキル使用後】味全:祝福
26停歌・中つ国の戦い
【自分行動前】敵全:痛撃敵全:HP奪取&治癒LV・鎮痛LV減自:HIT・MHIT増自:強制異常+敵10:攻撃
27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38



書き換えられた結末-みらい-
生き残った祝福-のろい-
すべてを受け入れ少女は羽ばたく

※現在プロフ絵4種(通常2種+頂き物2種)


かつて帝国と呼ばれた国で飼われていたハルピュイア(ハーピー)

食肉衝動は殆ど無く、より人になつき、より美しい声でさえずるように、
人の手によって品種改良を重ねられ、
その性質ゆえに、アカカナリア型と名付けられた養殖個体

赤い髪は人々を惹き付ける美しさを
黒曜石のような瞳は純真無垢を
真っ赤なドレスは歌声を引き立てるように
すべては人の手で調整された姿

帝国が崩壊した折りに、育ての親と共に鳥籠から脱走するも
育ての親が目の前で討たれたことで暴走
反乱軍の砲撃により海中に没した……







……という物語の主人公たる少女。
即ち本の世界の登場人物である。

本来は物語の結末通り、
海に落ちた後、消息不明という形で退場するはずだった。

しかし、誰かが結末を書き換えたことにより生存。
記憶を失いながらもフォリウムへ辿り着いた。

フォリウムで沢山のヒトたちと交流し、
優しい記憶を手に入れることができた少女は
かつての悲しい記憶を過去にする。

物語という呪縛から解き放たれた今、少女は自らの意思で未来を描き始めた。
喪失の哀しみを受け入れて
育ての親の最期の言葉に従って
自由に笑い、歌い、踊り、羽ばたく為に

――――――――――――――――――――――――――――
基本情報

ねんれい:13~15さいくらい
しんちょう:149.5せんちくらい[せいちょうちゅう]
たいじゅう:とべるほどかるい
みため:
髪と同様に赤い翼を持ち、出し入れ可能
また、両腕を鳥の脚のように変化させることが出来る
鳥形の爪は野生の名残で傷つければ毒を与える
ドレスと足枷は飼われていた頃の名残
青い石のペンダントは育ての親の形見

こえ:
透明感があり、美しい、鳥のさえずりのような音を奏でる。
ハルピュイアらしく、聞く者の精神に作用する効果を付与することができるが、
当人は祝福・加護を与える声以外使いたがらない。

なまえ:
「アカリア」は、少女がうろ覚えで覚えていた自身の品種名「アカカナリア」のこと。
本来の少女は名無しである。
育ての親につけられた名前を思い出せないのも、設定上存在しないから。
アカリアと呼んでも反応するが、名前をつけると更に喜ぶだろう。

**2017/09/03update
ウヌクさん(Eno.4349)にミーサーク(ミサ)と名付けていただきました!
これからはそちらを名乗るようになります。


そのほか:
ずっと鳥籠の中で生きてきたためか、はたまたそのように作られたためか
よく言えば純真無垢で好奇心旺盛、悪く言えば世間知らずで少々危なっかしい行動・言動をする。
よく何かをじっと見つめているが、その姿はまるきり幼児のそれである。
善悪の区別もよくわかっていない節があるものの、人を傷つけるのは避けたがっている。
客商売をしていたため、世間一般的な知識はともかく
それなりの礼儀と簡単な教養は身に着けており、普通に会話することが可能。



なお、自分が本の世界の住人だとは知らず、認識することもできない。
現在はフォリウムの影響か、ひとつの生命として独立した行動をしている。

----------------------------------
寝起き拠点→
http://lisge.com/kk/a_talk.php?pl=1625
----------------------------------

中の人→sorazono/戯書:ユルルモン

のんびりぼんやりやっています。
交流お気軽にどうぞ

お話しすると中身が喜ぶ
少女も喜ぶ
やったー

リンクフリーはつけてないですが大体許可します(自動応答設定は保留にしております)

-------
以下の画像は頂き物になります。ありがとうございます!
・カジュアル秋服:コルノ(Eno73)さん
・マフラー冬服:ウヌク(Eno.4349)さん
・アイコンNo18:ベルサンガ機関(Eno759)さん
・アイコンNo19:ヘルメス(Eno1069)さん
・アイコンNo28:ガゥワィエ(Eno57)さん


[0][1][2][3][4][5][6][7][8][9]
[10][11][12][13][14][15][16][17][18][19]
[20][21][22][23][24][25][26][27][28][29]









(C) 2017 symalis - Lisge.com