ENo.975 ナマコちゃんと愉快な仲間達 42


253 234 62
66 74 76




S隊列:1 射程:1
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41



ナマコちゃんは、
帰りました!
またどこかで、
あえたらいいね!


「狙撃妖精ナマコちゃん!さんじょーう!」

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
【プロフィール】

身長30cm強、体重はないしょの妖精の女の子。「ちゃん」まで含めて名前。
どこぞの吸血鬼の少年のしもべであり仲間であり友達。
口調も行動も幼さが目立つ、悪戯っ子。

農業が得意。不思議と作物がすぐ育つ。
魔法も使える。風、地、水辺りが得意属性。

戦闘では魔法鍛冶で軽量化した長大な狙撃銃を使用して戦う。
全長200cmと少々、最早拠点設置用だが本人が気に入ってるから仕方ない。

ちなみに主の吸血鬼から
「人に向かって撃ってはいけないよ」
と言われているので基本人には向けない。自分や仲間の危機の際は別。

フォリウムでの仕事を終えて元の世界に帰った。
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
【特徴】

・基本的に「名前+ちゃん」で相手を呼ぶ。
 →ちゃん付けが嫌なら言ってみよう。

・お腹一杯食べるとなんらかの「種」を吐き出す。
 →その種を花壇(プレイス)に持っていって育てている。
 →育てるのを手伝うと、出来た作物を貰えるようだ。

・普段は浮遊している。羽ばたかなくても飛んでいる。
 →雨の中でも飛んでいる。結構重い物を持ったりも出来る。
 →でも羽を畳むと飛べないらしい。
 →羽は魔力で出来ているようだ。服に穴などは空いていない。

・普段は浮遊する事で水に浮いているだけで、実は泳げない。
 →つまり羽を畳むと溺れる。練習次第で泳げるようになるかもしれない。

・銃や作物、それを運ぶ籠などは虚空から引きずりだしている。
 →魔法の倉庫のようだ。魔法が使えないと取り出せない。
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
【サブキャラ】
「当機は執事型ガイノイド、機体名"パンドラ"。以後お見知りおきを。」

なまえ:パンドラ
しゅぞく:きかい?
せいべつ:おんなのこ
しんちょう:ちょっとちいさい(150cm少々)
たいじゅう:わかんないけどおもそう
とくちょう:しつじ。なんかいろいろだせる。まほうはつかえない。

ナマコちゃんの花壇で育てていた種から生まれた(!?)ガイノイド。
誰に作られたのか聞けば「ナマコちゃんお嬢様に」と即答する。
が、ナマコちゃんに機械メンテナンスの知識など1mmも存在しない。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
【感謝】

大変素敵なプロフ絵・アイコンは頂き物です。
プロフ、表に出てるアイコン全部とか他いっぱい→将校殿より!
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
【その他】
第1期お疲れ様でした!もうちょっとだけ続くんじゃ。2期は未定。


[0][1][2][3][4][5][6][7][8][9]
[10][11][12][13][14][15][16][17][18][19]
[20][21][22][23][24][25][26][27][28][29]









(C) 2017 symalis - Lisge.com